配信元:@Press

夕日ヶ浦温泉 夕日浪漫一望館(京都府京丹後市網野町浜詰266)は、旅行予約サービス「楽天トラベル」が主催する、日本全国の登録宿泊施設の中から朝ごはん日本一を決定するコンテスト「楽天トラベル 朝ごはんフェスティバル(R) 2019」に出品した朝ごはんが、ファーストステージにおいて京都府第2位を獲得したことを発表します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190874/LL_img_190874_1.jpg
京都府2位を獲得!釜炊きご飯

今年の朝ごはんフェスティバル(R)には、日本全国から1,300以上の宿泊施設が自慢の朝ごはんをエントリーしました。予選では、一般の楽天会員によるウェブ投票の結果と、これまで楽天トラベルに寄せられた実際の宿泊者の「食事」に関するクチコミ評価を基に、各都道府県の人気トップ3の朝ごはんを決定しました。
予選結果: https://travel.rakuten.co.jp/special/asafesta/2019/1st_stage/

一望館がエントリーした「1組様ごとに炊き上げる釜炊きご飯」は、朝食時間に合わせて、お客様お1組様ごとに釜で炊き上げます。
使用するお米は全国で高評価を受けている地元・丹後産こしひかり。丹後はその昔、献上米として使用されていたこともあるとされる地。そんなおいしいお米を釜炊きで仕上げるので甘さや香りが際立ちます。

(引用文)来年執り行われる大嘗祭の斎田(令和という時代を豊かに良き年にと献上する)は栃木と京都と決まりました。京都の詳細はまだ公表されていませんが、丹後のお米が使用される可能性は高いとみています。※読売新聞より引用


■一望館のある場所
一望館は海のある京都、京都といえど京都市内から車で約3時間の丹後半島にあります。
夕日の景勝地としても知られ、インスタ映えでメディアに取り上げられているビーチブランコ「ゆらり」も昨今では取り上げられています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/190874/img_190874_6.jpg
ビーチぶらんこ「ゆらり」

■他にもある一望館の朝食!
~目の前で板前さんが焼き上げる出汁巻き卵~
https://www.atpress.ne.jp/releases/190874/img_190874_4.jpg
あつあつで出汁がにじみ出る美味しさ
夕食だけではなく朝食も旅の記念の最後となると位置づけております。

~数種類のお味噌汁~
https://www.atpress.ne.jp/releases/190874/img_190874_2.jpg
数種類のお味噌汁も絶品!体調に合わせてお好きなものをお選びいただけます。

~近海であがる干物~
もちろん日本海ならではの干物も美味
季節によってことなりますが旬の干物を召し上がれます


■「朝ごはんフェスティバル(R)」とは
日本全国の楽天トラベル登録宿泊施設を対象とした朝ごはんの料理コンテストです。朝ごはんに注力する日本全国のホテルや旅館、各地域の食文化、そして“朝ごはんをきっかけに行く旅”の魅力を広く紹介するために、楽天トラベルが2010年より毎年開催しています。


■『夕日浪漫一望館』概要
所在地 : 京都府京丹後市網野町浜詰266
アクセス : 大阪・京都から車で約2時間半
JR特急で京都・大阪約3時間
( https://www.ichiboukan.co.jp/08access/index.php )
電話対応可能時間: 9:00-17:00
平均単価 : ¥18,000
URL : https://www.ichiboukan.co.jp/


■会社概要
商号 : 株式会社アウルコーポレーション
代表者 : 代表取締役 沖田 康彦
代表取締役 沖田 繁子
所在地 : 〒629-3241 京都府京丹後市網野町木津253
創業 : 昭和43年
事業内容: ホテル旅館の経営
(佳松苑/はなれ風香/はなれ櫂/雨情草庵/一望館/みなと悠悠/
ひだまり/小さな白い花)
資本金 : 2,000万円
URL : http://kasyouengroup.com/

佳松苑グループ
https://www.youtube.com/channel/UC8KpMgjsAmTF7g-1aEkIUvA


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。