配信元:@Press

終活関連サービスを提供する株式会社 鎌倉新書(東京都中央区、代表取締役社長:清水 祐孝、証券コード:6184、以下 当社)が運営する日本最大級のお墓情報サイト「いいお墓」は、8月21日に行われた都立霊園の抽選発表に伴い、都立霊園検討者をサポートする「相談者専用ダイヤル」を開通いたしました。

ページURL: https://www.e-ohaka.com/toritsu_relief/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/191418/LL_img_191418_1.jpg
icon_cross

【本サービスの提供背景】
都立霊園は良心的な費用感や信頼度の高い運営母体、アクセスの良さなどの理由から応募が毎年殺到しています。8月14日に発表された2019年度の倍率は一般埋蔵施設などで4.9倍、樹林型合葬埋蔵施設で15.7倍、最も高い人気区画で36.6倍と非常に高く(*1)、当選することが難しい状況です。
都立霊園の抽選会は年に一度しかないため、遺骨がすでに手元にある場合は納骨できないまま何年も当選を待つ可能性があります。納骨は遅くとも三回忌までに行うのが良いとされていることから、お墓をすぐに購入したい人も多いと予想されます。そこで挙げられる選択肢の1つが民営霊園です。
当社が6月20日に発表した「第1回都立霊園に関する実態調査」の結果から、都立霊園検討者の約3割が民営霊園のお墓を購入し、満足度は9割と非常に高いことが判明しています。このような背景のもと、より多くの選択肢の中から納得のいくお墓探しをして頂こうと、都立霊園検討者に向けた相談者専用ダイヤルを開通いたしました。

(*1)出所:東京都報道発表資料「2019年度 都立霊園公募受付状況と公開抽選について」


【相談者専用ダイヤル 概要】
都立霊園検討者専用のダイヤルまたは専用ページから、お墓専門の相談員へお問い合わせ頂けます。ヒアリング結果をもとに、お客様のご要望やライフプランに合わせた霊園をご紹介いたします。

相談者専用ダイヤル
0120-989-633
通話料無料・年中無休(受付時間7:00~24:00)


【今後の展望】
都心部では自宅に待機遺骨を保管している人の増加や、貸倉庫やコインロッカー、電車の棚に置き去りにされる遺骨の増加など、行き場のない遺骨が増えている実態があります。また、地価が高騰する都心部にお墓を持つことによる経済的な負担や、承継者の問題からお墓の維持が難しいといった理由から、散骨を検討する人も増加傾向にあります。
「いいお墓」では、お客様のご希望と予算にあったお墓のご提案からお墓に関する様々なお困りごと・お悩みについて解決できるよう、今後もサービスを展開してまいります。


【いいお墓について】
株式会社 鎌倉新書が運営する「いいお墓」は、全国約8,500件以上の霊園・墓地情報やお客様のクチコミを掲載する日本最大級のお墓の情報サイトです。お墓に関する相談が年間140,000件以上(2018年実績)寄せられており、「いいお墓」お客様センターでは専門相談員がお墓に関するご相談から、お墓探し・お墓の購入までサポートしています。お気軽にご相談ください。


【鎌倉新書について】
鎌倉新書は、葬儀・お墓・仏壇など終活関連のポータルサイトの運営や、オーダーメイドのお別れ会や社葬のプロデュース、終活関連の冊子・印刷物、専門誌等の出版を通じて、高齢者とそのご家族の課題解決に取り組み、豊かな社会づくりに貢献します。

会社名 : 株式会社 鎌倉新書
設立 : 1984年4月17日
市場区分: 東京証券取引所第一部(証券コード:6184)
所在地 : 東京都中央区八重洲1-6-6 八重洲センタービル7F
代表者 : 代表取締役社長兼会長CEO 清水 祐孝
資本金 : 8億2,270万円(2019年4月末現在)
URL : https://www.kamakura-net.co.jp/


【運営する主なサービス】
いい葬儀 : https://www.e-sogi.com/
いいお墓 : https://www.e-ohaka.com/
いい仏壇 : https://www.e-butsudan.com/
いい生前契約 : https://www.e-ohaka.com/seizen/
いいお坊さん : https://obousan.e-sogi.com/
お別れ会プロデュース Story: https://e-stories.jp/


【出版・発刊物】
月刊『仏事』:供養業界のビジネス情報誌


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。