配信元:共同通信PRワイヤー

ギャビン・バンバリー(Gavin Bambury)がOANDAの最高経営責任者に就任

AsiaNet 80143

【ロンドン2019年8月22日PR Newswire】
FX・CFDトレード及び通貨データビジネスをグローバルで展開するOANDA Global Corporation(http://oanda.com/ )は、ギャビン・バンバリー(Gavin Bambury)氏を2019年8月26日より最高経営責任者に迎えます。バンバリーはロンドンを拠点とし、OANDA Global Corporation Boardのディレクターも務めます。

バンバリーは、金融テクノロジーおよびトレーディング部門で25年以上の経験を有します。これまでシティバンク、ドイツ銀行といった世界的に著名な金融機関でビジネスをリードする役割を果たしてきました。また2億5,000万ユーロ(約295億円)を超える収益を上げるソフトウェア会社「Ion Trading Technologies」の最高経営責任者を6年間務め、その後Integral Development Corporationへ役割を移し、この度OANDAの経営に参画します。

取締役会長のティム・ホーキンス(Tim Howkins)は「ギャビン氏をOANDAへ迎えられたことを非常に光栄に思っています。経験豊富な専門家である彼は、金融技術に関する深い造形と、トレーディング部門に関する類まれな理解があります。これらの資源は当社の戦略的ビジョンを実現する上で非常に貴重です。」

またバンバリーは「OANDAに参画できることを光栄に思っています。OANDAはクライアントの成功に焦点を当て、グローバルクラスのブランドとして、近年大きな成功を収めています。更に顧客体験向上のために継続的に投資を行い、グローバルカバレッジを拡大させ、FX業界においてより信頼されるリーダーカンパニーであり続けることができると信じています。」

###

OANDAについて
OANDAは通貨換算レート情報を無料でインターネット上に提供した最初の企業として1996年に創立され、その5年後に外国為替オンライン取引プラットフォームを発表し、企業および個人投資家によるFX取引を可能にしました。今日では外国為替に関する専門知識を活用し、リテール業や法人のお客様向けにオンラインのマルチアセット取引や通貨データおよび分析サービスを提供しています。OANDAは、世界で最も活発な6つの金融市場にオフィスを構え、外国為替サービスの変革に専念しています。詳細はoanda.com(https://www.oanda.com/ )を参照するか、Twitter、Facebook、YouTubeをご覧ください。

添付写真リンク:
http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=343085

Photo caption: 最高経営責任者

(日本語リリース:クライアント提供)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。