配信元:共同通信PRワイヤー

2019年8月23日

学校法人金沢工業大学 国際高等専門学校

国際高専 白山麓キャンパスで中学生対象の学校見学会開催
外国人教員によるエンジニアリングデザイン教育やSTEM教育を英語で体験

国際高等専門学校(校長:ルイス・バークスデール)では、中学生と保護者を対象に、8月25日(日)11時から15時30分まで、白山麓キャンパス(石川県白山市瀬戸辰3-1)にて学校見学会を開催いたします。県内外から中学生とその保護者32名が参加予定です。

予測困難な時代であっても常にイノベーションを創出していける人材を育てるために国際高専は、1,2年次白山麓キャンパスにて全寮制教育を行っています。学校見学会では、全寮制教育を中心に特色ある国際高専の教育をご紹介します。

この見学会では「エンジニアリングデザインクラス」と「English・STEMクラス」の2つの授業を体験します。

「エンジニアリングデザインクラス」では、英語でアイデアをカタチにする手法を学びます。
エンジニアリングデザインは、国際高専のカリキュラムの中心でユーザー視点に立った価値創出の手法である「デザインシンキング」を取り入れ、新たな価値の創出を目指す課題発見・解決型の活動にチームで取り組む国際高専オリジナルの教育です。

「English・STEMクラス」では、数学や理科の授業を英語で体験します。国際高専では、2000年代にアメリカではじまった科学技術の新しい教育「STEM教育」を取り入れ、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)を統合して学んでいます。これからの
社会では、これらの知識や技術を組み合わせて考える力が必要とされ、国際高専はSTEMを英語で実施している点に特色があります。

当日は、紙ロケットを制作して圧縮空気で押し出し、放物線運動の理解を深めます。

その他にも、外国人教員との交流、国連がSDGsで目指す「誰一人取り残さない」世界の実現に向けてチャレンジする学生を支援する奨学生制度の紹介や、2020年度入学試験の説明、寮や校舎のキャンパスツアーなど、様々なプログラムを用意して皆さまのお越しをお待ちしています。

詳細は、国際高専ホームページをご覧ください。
https://www.ict-kanazawa.ac.jp/schooltours/

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。