配信元:共同通信PRワイヤー

「2019アジア・スーパーチーム:企業スター」最終選考進出チームが発表

AsiaNet 81003 (1949)

【台北2019年10月14日PR Newswire=共同通信JBN】
*テセックが台湾で日本を代表し5万米ドル相当のインセンティブ賞をかけて競う

今年の「2019アジア・スーパーチーム」は誰か?台湾への往復航空券が当たるチャンスを獲得するには、10月14日から18日までに公式ウェブサイトasiasuperteam.meettaiwan.com でお気に入りのチームに投票を。あなたのお気に入りは日本のテセック(Tesec)だろうか?

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191011/2608711-6
(「2019アジア・スーパーチーム:企業スター」最終選考チームが発表、テセックが台湾で日本を代表し5万米ドルのインセンティブ賞をかけて競う)

台湾政府がアジア・スーパーチーム・コンテストを開催するのは、今回で連続6年目である。「Enterprise Stars(企業スター)」をテーマとする今年のイベントでは、日本、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピンなどの8カ国の企業チームが台湾に招かれ、5万米ドル相当のインセンティブ旅行と優勝賞をかけて競う!

最終選考進出チームは、「企業スター」のタイトル獲得を目指し、山頂から海岸までを冒険する5日間の挑戦にまもなく出発する。コンテストはリアリティーショー形式で撮影され、4つのエピソードに編集され、台湾のインセンティブ旅行の豊かでユニークな利点を強調し、視聴者はあたかもその場にいるかのように感じる。MEET TAIWAN公式ファンページで最新のニュースと展開をフォローすることをお忘れなく!さらに、投票で台湾行きの往復航空券が当たる景品くじに参加を!

*時間:10月14日午後6時から10月16日午後11時59分(GMT +8)まで
*公式投票ページ:asiasuperteam.meettaiwan.com
*MEET TAIWAN公式ファンページ:www.facebook.com/meettaiwan

日本からはビジネスマンおよび17の企業チームから390件の応募があった。コンテストの第2ステージと決勝ラウンドのために台湾に招待されるチームが所属する企業は以下のとおり。

▽最終選考進出企業

*テセック(日本):20年以上の実績のある多国籍半導体メーカーで欧州、米国、アジアにオフィスを展開。

*Hyundai Mobis(韓国):韓国の自動車部品メーカーで、Hyundai Groupの主要な事業部門であり韓国最大の自動車部品メーカーである。

*Prentics(シンガポール):アジアの遺伝子検査とデジタル・ヘルスケアサービスの大手プロバイダーで、アジア、欧州、米国に30万人以上の顧客を持つ。

*Thai Wacoal Plc.(タイ):世界的に有名なランジェリー企業で15カ国以上に店舗を展開する。

*Telekom Malaysia(マレーシア):マレーシア最大の、固定ネットワークおよび光ファイバーインターネットサービスのプロバイダーで70年以上の運営実績を持つ。

*Offshore Intelligence(フィリピン):フィリピン有数の人材プロバイダーで、様々な企業に海外のマンパワー支援を提供している。

*PT Telekomunikasi Indonesia(インドネシア):インドネシア最大の通信会社でインターネット、デジタル通信サービスなどを提供している。

*Maritime Bank(ベトナム):ベトナムのトップ12銀行のうち最初の民間資本銀行で、ベトナム全国の40を超す都市に130以上の支店を持つ。

「アジア・スーパーチーム」に関する詳しい情報は公式ウェブサイトasiasuperteam.meettaiwan.com(http://asiasuperteam.meettaiwan.com/ )を参照。

ソース:MEET TAIWAN, TAITRA

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。