配信元:@Press

株式会社ピコハウス(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐藤隆信)が運営する定額制音声聴き放題サービス「LisBo(リスボ)」( https://www.lisbo.jp/ )で配信中の、人間国宝・鶴賀若狭掾師匠による「神楽坂と新内」シリーズが、2019年10月15日(火)配信の「新内のこれから」をもって完結します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/194896/LL_img_194896_1.jpg
人間国宝・鶴賀若狭掾師匠


■「神楽坂と新内」シリーズについて
新内鶴賀流11代家元で人間国宝の鶴賀若狭掾師匠から、貴重な時代の貴重なお話を伺う全5回シリーズ。古今亭志ん生師匠をはじめ、大林清さん、榎本滋民さん、宮川一郎さん、向田邦子さん、新田次郎さん、草野心平さん、塩川正十郎さん、美空ひばりさんなど、鶴賀師匠が実家兼小料理屋「喜久家」で出会い、交流を重ねてきた方々との思い出、天覧演奏や海外演奏などの記憶、そして新内のこれからについて語って頂きます。聞き手は、神楽坂の情報誌「かぐらむら」の長岡弘志編集長です。

第1回 「神楽坂と私」
第2回 「新内とは何か?」
第3回 「天覧演奏と海外演奏」
第4回 「新内の芸を彩る出会いの妙」
第5回 「新内のこれから」


■鶴賀若狭掾(つるが・わかさのじょう)
昭和13年神楽坂生まれ。平成12年新内の始祖である鶴賀若狭掾の名を襲名。新内協会理事長。翌13年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。新内を広めるため、後継者の育成だけでなく、世界40カ国60都市を演奏訪問。八王子人形の西川古柳座との共演を多く行っている。また落語の「芝浜」、芥川龍之介の「羅生門」「蜘蛛の糸」などの脚色、作曲も手がけている。平成15年度新宿名誉区民。


■「神楽坂 声のライブラリー」について
地元ポータルサイトを運営する有限会社サザンカンパニー(本社:東京都新宿区、代表取締役:長岡弘志)と株式会社ピコハウスが、伝統文化薫るまち・神楽坂に関わる“貴重な声の記録”を残していきたい、という思いから生まれたLisBo(リスボ)内の新コーナーです。「神楽坂と新内」シリーズに加え、かつて横寺町にあった「藝術座」について、島村抱月研究の第一人者・岩町功さんが語り、邦楽研究家・関川勝夫さんが貴重な音声を蓄音機で再現する講座「島村抱月と松井須磨子の藝術座」の配信を予定しています。
その他にも、夏目漱石、江戸川乱歩、泉鏡花、北原白秋、島崎藤村、石川啄木、永井荷風、内田百間、加能作次郎、水野仙子、矢田津世子など、神楽坂に縁の深い小説家や詩人の作品をオーディオブック化し、順次配信していきます。


■「島村抱月と松井須磨子の藝術座」について
島村抱月と松井須磨子で知られる「藝術座」について、「評伝 島村抱月」の著者で自ら地域の演劇活動に関わってきた岩町功さんが語り、邦楽研究家の関川勝夫さんが松井須磨子の「カチューシャの唄」や坪内逍遥の声を蓄音機で再現します。2019年11月2日(土)・3日(日・祝)に開催される「新潮講座」の音声を収録・編集し、LisBo(リスボ)にて配信する予定です。


■LisBo(リスボ)について
株式会社ピコハウスが運営する、定額制聴き放題音声配信サービスです。2016年よりオーディオブックの配信を開始、現在、講演、法話、落語、講談、朗読など約2,600タイトルのコンテンツを配信中。
料金は月1,500円(税別)の定額で、ストリーミング配信により、パソコン、スマートフォン、タブレットで様々なジャンルの音声コンテンツを聴き放題でお楽しみ頂けます。
また、加入月は無料となっておりますので、この機会に是非「LisBo(リスボ)」をご体験下さい。

URL : https://www.lisbo.jp/
Twitter : https://twitter.com/LisBo_jp
Facebook: https://www.facebook.com/LisBo.jp/


■株式会社ピコハウスについて
1987年、新潮社の映像・音声制作部門として設立。
映像/音声の制作・編集からDVD/ブルーレイのオーサリング・プレス、そしてWeb制作・アプリケーション開発に至るまで、コンテンツ制作をワンストップでご提供するデジタルメディアカンパニーです。

URL: https://www.pico-house.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。