配信元:@Press

ヨーロッパ最大のクルーズ会社、コスタクルーズ(日本支社:東京都千代田区、日本・韓国支社長:浜岡 聡一)は、外国船で初の沖縄・那覇発着クルーズの就航を2019年10月18日(金)から開始します。

本年は、10月18日(金)の就航を含めて3本を予定しており、本格始動の2020年は、沖縄のベストシーズンに合わせて4月と10月に分けて、4月に5本(横浜への片道も含む)、10月に5本を予定し、各便750名以上の日本人の送客を予定しています。国外港湾まで距離が近い那覇を発着地に設定することで、3泊からの短期間でのクルーズ商品が造成可能(例:那覇~宮古島~基隆(台湾)~那覇 3泊4日アイランドホッピング)となり、長期の休暇を必要としない超ショートクルーズを展開します。
空路で訪れてクルーズ旅行を楽しむ新しい旅スタイル「フライ&クルーズ」は、発着拠点に大きな経済効果を生む高付加価値の観光形態として近年注目をされています。

また、日本人顧客をメインターゲットとしている那覇発着クルーズは、首都圏でなく沖縄県を拠点にする事により、那覇近郊以外の観光や宿泊も見込まれます。よって、沖縄本島観光施設や、飲食店、ホテルなどへの経済効果、新たな観光需要の開拓や地元活性化にも繋がると期待されています。那覇発着クルーズを含む2020年全日本発着クルーズにて、はじめての方にもクルーズを試していただきやすいように特別価格『my first costa割』を設定し、新規顧客へアプローチしています。* 期間限定(2019年9月1日~12月25日予約対象)
将来的にコスタクルーズは、本社のあるヨーロッパからの送客も企画しており、沖縄県を「東洋のカリブ・カナリア諸島」と考え、クルーズの一大マーケットとして築いていきたいと考えています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185569/LL_img_185569_1.gif
(C)コスタクルーズ


■那覇港クルーズ・ターミナルを発着拠点とする理由
(1) 短期間でのクルーズ商品が造成可能
海外までの距離が近い沖縄は3泊から設定される短期間のクルーズが可能です。(例:那覇~宮古島~基隆(台湾)~那覇の3泊4日)

(2) 圧倒的な観光資源
沖縄本島はもちろん、宮古島、石垣島と周辺の離島などは、短いクルーズで何度訪れても飽きることのない、他の地域にない沖縄の魅力としての観光資源の豊富さがあります。

(3) 充実した航空路線
「フライ&クルーズ」に適する充実した航空路線が存在し、日本国内の様々な都市から送客が可能です。発着地の沖縄からの需要(インバウンドではなくアウトバンドとしてのクルーズ)はもちろん、日本国内各都市からのエアーアクセスにより首都圏を軸に全国マーケット規模での展開が可能です。

(4) 地元への還元
日本人のお客様をメインターゲットにしている為、クルーズ寄港地の場合と比較して観光収入がより期待できます。
(例:短いクルーズなので沖縄で前後泊されるケースも多く、沖縄本島への観光収入面で貢献が期待)

(5) 地理的優位性
近隣アジアからのアクセスも非常に良く、航空路線も充実。


■イタリア客船『コスタ ネオロマンチカ』
本格イタリア料理や陽気なサービスを楽しめる“海の上のイタリア”「コスタ ネオロマンチカ」は、コスタクルーズが所有するワンランク上の客船「ネオコレクション」シリーズの一つです。
『コスタ ネオロマンチカ』(総トン数:57,150トン、最大乗客定員数:1,800人、全長220.6m、全幅30.8m、乗組員:622人、就航年:1993年/改装2012年、船籍:イタリア)は、2012年、スウェーデンの建築事務所「Tillberg Design」と、主にホテルやスパなどを手掛けるロンドンのデザイン事務所「Syntax」によってコンテンポラリーなデザインに全面改装し、さらに2017年4月の日本就航に先立ち一部改修を行い、総額150億円を費やしました。船内には、6つのレストランと6つのバー&ラウンジ、4,400平方メートルという広大なスパエリア、プールやカジノなどが完備されており、まるでモダンなラグジュアリーホテルに滞在しているかのような空間が乗船客を魅了します。


<2020年4月、10月の代表的な那覇発着クルーズ>
【コース/沖縄01】
春風に吹かれて、南の島めぐり。沖縄&台湾満喫ショートクルーズ 4泊5日
【出港日】那覇:4月6日(月)
【料金】 内側クラシックIC 通常代金69,800円
→ 特別価格53,800円(-16,000円)
海側クラシックEC 通常代金73,800円
→ 特別価格56,800円(-17,000円)
https://www.costajapan.com/itineraries/NR04200406
https://www.atpress.ne.jp/releases/185569/img_185569_2.jpg

【コース/沖縄07】
沖縄・宮古島・台湾を大満喫。 秋の超ショートクルーズ 3泊4日
【出港日】那覇:10月15日(木)
【料金】 内側クラシックIC 通常代金52,800円
→ 特別価格36,800円(-16,000円)
海側クラシックEC 通常代金55,800円
→ 特別価格37,800円(-18,000円)
https://www.costajapan.com/itineraries/NR03201015
https://www.atpress.ne.jp/releases/185569/img_185569_3.jpg

※表示価格は、特別価格『my first costa割』を適用(2019年9月1日(日)から12月25日(水)の間にお申し込みされた方のみ対象)


■現在人気の期間限定キャンペーン『my first costa割』と『全額返金キャンペーン』を実施中
https://www.atpress.ne.jp/releases/185569/img_185569_4.gif
『my first costa割』は、2020年シーズンの4月~10月出発のすべての日本発着便を、
2019年9月1日(日)から12月25日(水)の間にお申し込みされた方のみ対象となります。今までコスタクルーズのクルーズ船に乗った事のない方や、船旅経験のない方に対して、「初めてのコスタクルーズ/初めてのクルーズ」を体験いただく為、お求めやすいプランを設定いたしました。本プランはリピーターのお客様もご利用いただけます。※リピーター割引などの他の割引との併用は不可。
勿論、クルーズ代金には移動費、宿泊代、朝昼夜の食事代、船内のエンターテイメント代すべてが含まれています。(一部有料飲食、スパ・カジノ・ビューティサロン等の有料施設あり)

尚、このキャンペーンは13歳未満のお子様のクルーズ代金は無料となるファミリーにも気軽にクルーズを楽しめるお得なサービスも、引き続きご利用いただけます。
(※大人2名同室の13歳未満のお子様は2名までのクルーズ代金無料)

さらにコスタクルーズのうれしいポイントはドリンク飲み放題のパッケージも含まれています。
今回同時に適応する『全額返金キャンペーン』は、『my first costa割』でお申込みいただいた方の中で、旅行内容にご満足いただけなかった方にクルーズツアー代金を全額返金するキャンペーンになります。旅行内容にご満足いただけない場合、出港後24時間以内にゲストサービスデスク(フロント)にてお申し出るとその時点で、下船可能な港にて下船いただけます。尚、そこからご自宅までの交通費はお客様ご自身のご負担になります。後日ご予約いただいた旅行代理店よりご返金いたします。
※返金対象はクルーズ代金のみ、ホテルサービスチャージ、港湾税、船内有料サービス等のご利用分は含まれません。

【両キャンペーン対象クルーズ】 2020年シーズンの4月~10月出発のすべての日本発着便
【申込み期間】 2019年9月1日(日)~12月25日(水)


~はじめてのクルーズにコスタクルーズを選ぶべき3つの理由~
1.はじめての方にうれしい特別割引『my first costa割』
2.子ども無料 ※大人2名同室の13歳未満のお子様は2名までのクルーズ代金無料
3.満足できなければ返金キャンペーン ※日本発着クルーズ100%満足保証実績(自社調べ:2019年現在、下船者0名)

・コスタクルーズ ジャパン公式Home Page https://www.costajapan.com/
・コスタクルーズ ジャパン公式Facebook http://www.facebook.com/costacruisejapan
・コスタクルーズ ジャパン公式Instagram https://www.instagram.com/costacruisejapan
・コスタクルーズ ジャパン公式Twitter https://twitter.com/costacruisejp?lang=ja


■コスタクルーズとは
およそ70年の歴史を誇るコスタクルーズの客船は世界の海を航海しながら、イタリアらしい陽気なおもてなしや多彩な美食、そしてお子様からシニア層までさまざまなニーズにお応えし、「海の上のイタリア」を体現する陽気で楽しいイタリアンスタイルの船旅をお届けします。コスタクルーズはイタリア船籍15隻の客船が、地中海、北欧、バルト海、カリブ海、中米、南米、中東、インド洋、アフリカ、そしてアジアへ、世界中の300におよぶ寄港地に就航し、世界一周クルーズや、一度のクルーズで異なる大陸の寄港地を訪れることのできるグランドクルーズを提供しています。
“日本海”“低料金”“地方港との連携”といった、新しい試みが高く評価され、優れたクルーズ旅行商品を表彰する「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2016」のグランプリを頂きました。また、2017年11月に東京都が一定回数以上東京港を利用するクルーズ客船を対象に交付する「東京港ホームポート認定証」の第一号として『コスタ ネオロマンチカ』を認定されました。


■Costa Crociere S.p.A.
コスタ・クロチエレ S.p.A.(本社イタリア・ジェノバ、「クロチエレ」は伊語でクルーズの意味)は、「コスタクルーズ」、「アイーダクルーズ」、「コスタ アジア」のブランドから構成される、ヨーロッパを代表するクルーズ会社です。現在、3つのブランドを合わせて26隻、約72,000室を所有。2020年までに最新鋭の客船7隻を導入し、保有船の拡充を図る予定です。世界14カ国に20のオフィスを構え、従業員約27,000人を有します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。