配信元:共同通信PRワイヤー

ZTEがSDN/NFV World Congressで5G Excellence Awardを受賞

AsiaNet 81104 (2007)


【深セン(中国)2019年10月17日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信と法人・消費者テクノロジーソリューションの国際的大手プロバイダーであるZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は17日、オランダのハーグで開催されたSDN/NFV World Congressで、Common Edgeソリューションにより5G Excellence Awardを受賞したと発表した。これは、同会議で与えられる唯一の5Gベスト製品・ソリューション賞である。

ZTEのCommon Edgeソリューションは、業界をリードするデュアルコア(VM +コンテナ)テクノロジーを採用し、新世代の5G分散クラウドを構築する。高度に統合されたハードウエアと多くのタイプの自己適応型アクセラレーションハードウエアを使用、5Gシナリオの全要件に対応している。AIエンジン、クラウドエッジコラボレーション、エッジエッジコラボレーションを導入することで、コンピューティングパワーがサービスに合わせて発揮されるようにし、インテリジェントな最適化を実現している。

このソリューションは、従来の通信ネットワークのクローズドアーキテクチャーを打破し、エッジネットワークインフラストラクチャー、ハードウエアアクセラレーション機能、エッジネットワークオフロード機能、サードパーティアプリケーションに対するワイヤレスネットワーク認識機能を発揮させる。ワイヤレスネットワーク固有の機能を十分検証し、垂直産業のサービスイノベーションを加速させることで、ユーザーサービスインタラクションのエンドツーエンドの遅延をより低減、ユーザー体験を向上させる。

大規模なMEC構築でもたらされる将来のO&Mの課題に対処するため、ZTEのCommon Edgeソリューションは、MECと垂直産業APPのワンキー展開と自動プロビジョニングを可能にした。エッジの一元管理とインテリジェントO&Mにより、エッジでの無人O&Mを実現し、運用コストを大幅に削減する。

ZTEのCommon Edgeソリューションは、工業生産、スマートグリッド、車両のインターネット(IoV)、エンターテイメントとメディア、公安、教育、医療、金融、農業、その他の分野で幅広く利用されている。焦点を当てているのは、「1 + 4」産業への応用、すなわちワイヤレスネットワーク機能の発揮+ビッグビデオ、IoV、インテリジェント生産、電力供給である。Common Edgeソリューションに支えられて、ZTEは100以上の戦略的パートナー、200以上の業界ユーザーと広範な協力とパイロットプロジェクトを実施してきた。

ZTEは、消費者、通信事業者、企業、公共部門の顧客向けの高度な通信システム、モバイルデバイス、法人テクノロジーソリューションのプロバイダーである。 ZTEの戦略の一環として、同社は、電気通信と情報技術の分野が融合する中で卓越性と価値を提供するため、総合的なエンドツーエンド・イノベーションの顧客への提供に取り組んでいる。香港と深センの証券取引所に上場している(H株銘柄コード:0763.HK / A株銘柄コード:000063.SZ)ZTEは、160カ国以上で製品とサービスを販売している。

これまでにZTEは、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカ(MEA)などの主要市場で25の商用5G契約を獲得している。ZTEは年間収益の10%を研究・開発に充て、国際標準化組織で指導的役割を果たしている。

▽メディア問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20191017/2614093-1
(写真説明:5G Excellence Award)

ソース:ZTE Corporation

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=347962

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。