配信元:共同通信PRワイヤー

2019年10月18日

金沢工業大学

外国人観光客の四季折々の生きたレビューでリピーター増を目指す
Bus StopプロジェクトがAIによるWEB版観光マップを開発。
外国人観光客がお気に入りのスポットを登録すると
AIが自動的に分類。リアルタイムで多言語WEB版観光マップを生成。
システムを実際に使用してもらう”Kanazawa Art & Culture Tour”は10月25日(金)に開催

 Bus Stopプロジェクトの海外誘客チャレンジチーム(リーダー:国際高等専門学校グローバル情報学科5年 五十里翼さん、メンバー:国際高等専門学校学生9名、金沢工業大学学生3名)では、外国人旅行者が自ら作るWEB版観光マップ自動作成フレームワークを開発しました。大学コンソーシアム石川の「2019年度学生による海外誘客チャレンジ事業(石川県委託事業)」の選定を受けて取り組んでいるもので、外国人観光客に作成したシステムを実際に使用してもらい改善に活かす”Kanazawa Art & Culture Tour”も10月25日(金)に予定しています。

令和2年の東京オリンピック開催に伴い、日本に訪れる外国人観光客が増加することが予測されています。石川県に足を運んでもらい、リピーターになってもらうには、四季折々の石川の魅力を多言語でタイムリーにかつきめ細やかに発信するWEB版観光マップが有効ですが、サイトの作成、維持にはコストがかかります。
そこでBus Stopプロジェクトでは、外国人観光客がお気に入りのスポットの写真に自分の言語でコメントを付けて登録すると、リアルタイムでAIが自動的に分類し、WEB版観光マップに情報が表示されるシステムの作成に取り組むことにしました。さらにプロジェクトでは県内の店舗と契約を行い、写真やコメント投稿にポイントを付加し、そのポイントを県内で利用できる仕組みの構築も進めています。これにより外国人観光客はポイントを用いて提携施設を利用できるとともに、提携施設にとっても活性化に繋がります。
実際に訪れた外国人観光客の生きたレビューにより、その国々の方のニーズに合った実際に役立つ観光案内マップを構築することで、外国人旅行者のリピーター増に繋げます。

スマートフォンでの画面(イメージ)
URLは10月25日に公開予定
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201910182310-O1-9V8oNn9O

”Kanazawa Art & Culture Tour”の開催について

Bus Stopプロジェクトでは作成したシステムを実際に外国人観光客に使ってもらい、今後の改善に活かす”Kanazawa Art & Culture Tour”を令和元年10月25日(金)に開催します。

10 月 25 日 (金)
12:00 金沢21世紀美術館 集合
12:15 金沢21世紀美術館 観光
13:30 金沢城観光
14:30 兼六園観光
16:00 東茶屋街に移動
16:15 レンタルスペースで休憩&アンケート
16:30 解散

- ツアー対象者:外国人観光客
- 定員:20 人
- 最小催行人数:10 人
- 参加料 1000 円 (お茶代)


(雨天の場合)
12:00 金沢21世紀美術館 集合
12:15 金沢21世紀美術館 観光
13:30 金沢城観光
14:00 兼六園観光
14:45 近江町市場観光
16:00 東茶屋街に移動
16:15 レンタルスペースで休憩&アンケート
16:30 解散

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。