配信元:共同通信PRワイヤー

10月18日

近畿地方整備局 国営飛鳥歴史公園事務所

本格化している南門復原現場を地域の小学生が見学
~ 10月25日 平城宮跡歴史公園で特別見学会を開催 ~

2022年の完成を目指し施工中の第一次大極殿院「南門」の復原整備において、工事が
本格的に進んできていることから、地域の小学生が、現在の南門工事の進み具合について
間近で見学するとともに、平城宮跡について学ぶ特別見学会を開催します。
また、今回特別見学会に参加する小学校には、昨年11月に実施した木曳祭で大柱を運
んでいただいたことから、その大柱が南門でどのように使われているのか、現場で見ていた
だく予定です。

■日 時
 令和元年10月25日(金) 9:30~11:30 14:00~14:40 (予定)
■場 所
 平城宮跡歴史公園 第一次大極殿院南門復原整備工事 現場内
■対 象
 奈良市立都跡小学校 : 2年生、4年生、6年生
 奈良市立佐保川小学校: 5年生、6年生      合計 約400名
■内 容
 ・平城宮跡はどんなところ?
 ・南門工事現場で柱・大工道具をみてみよう
 ・宮大工のおじさん、おしえて
なお、10月26,27日には、一般来園者を対象とした工事現場の特別公開を行います。

※取材を希望される方は、別添の事前申込書により、10月23日(水)16時までに
 申込をお願いします。(会場への進入制限がありますのでご注意願います。)
※気象警報発令時等の見学会中止や雨天時一部学年の見学会を中止する場合があります。


徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。