配信元:@Press

三井不動産レジデンシャル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤林清隆)と三井不動産レジデンシャルサービス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:世古洋介)は、2017年分譲済みのマンション「パークホームズ豊洲ザ レジデンス」に、株式会社クックパッドが運営する生鮮食品EC「クックパッドマート」専用の宅配ボックスを設置し、10月24日よりサービスの提供を開始いたします。
本サービスは、生鮮食品を1品から送料無料で購入でき、好きな時間に専用宅配ボックスにて受け取りができるもので、集合住宅としては初めての導入となります。専用の宅配ボックスは居住者のみ利用できるよう、セキュリティ機能を付加し、安全性を高めています。本サービスの導入により日々の食材の買い物をより便利にすることで、居住者様の快適なくらしを支えてまいります。

■導入の背景
三井不動産グループでは、グループ長期経営方針「VISION 2025」における主要な取り組みとして、街づくりの一層の進化を掲げ、「ビジネスライフやくらしの提供」を軸とした人が主役の街づくりを目指しています。

首都圏の新築マンション契約者においては、2018年に既婚世帯の共働き世帯率が過去最高の66%となる(※1)など、共働き世帯の増加により、食品ECサービスの需要は一層高まっています(※2)。変化するライフスタイルに対応するべく、三井不動産レジデンシャルでは、冷蔵の宅配ボックスや、食配ステーションを設けた新築分譲マンションの商品企画を行うとともに、既存マンションにも導入できるサービスの検討を進めてまいりました。

この度導入する生鮮食品EC「クックパッドマート」は、精肉店や鮮魚店、ベーカリーなど地域で有名な店舗や農家の新鮮でおいしい食材を1品から送料無料でアプリから購入でき、マンション共用部に設置された専用宅配ボックス「マートステーション」にていつでも受け取れるサービスです。新鮮な食材を必要な分だけ購入できるため、居住者様の日々の買い物の時間短縮や利便性の向上につながります。
本サービスは、専用宅配ボックスを共用部に設置するだけで利用できることから、三井不動産レジデンシャルサービスが管理を担う既存大規模マンションをはじめ、三井不動産レジデンシャルの新築分譲マンションでの導入・展開を検討してまいります。既存マンションでも導入しやすいサービスをパートナー企業とともに検討し、分譲後もお客様のくらしに寄り添い、変化するくらしのニーズにお応えするサービスを提供し続けてまいります。

今後も三井不動産グループで連携し、快適なすまいと豊かなくらしの提供を通じて、「すまいとくらしのベストパートナー」を実現してまいります。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196246/img_196246_1.png
<「クックパッドマート」専用宅配ボックス「マートステーション」>

※1:株式会社リクルート住まいカンパニー「2018年首都圏新築マンション契約者動向調査」
※2:経済産業省商務情報政策局「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会にかかわる基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」

■「クックパッドマート」概要
「クックパッドマート」は、毎日の料理に欠かせない「生鮮食品」に特化したECサービスです。
地域の生産者や販売者が直接販売する、新鮮でおいしい食材をアプリから購入することが出来ます。購入した商品は、出荷した当日に新鮮な状態のまま、専用宅配ボックス「マートステーション」へお届けします。
2018年9月のサービス開始以降、東京23区内・神奈川県横浜市、川崎市にてマートステーションを30箇所(2019年10月現在)に設置、サービスを拡大しています。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/196246/img_196246_2.png
専用宅配ボックス「マートステーション」は、スマートロックで常時施錠しており、商品を購入したお客様のみスマートフォンアプリから解錠可能です。また、今回マンション共用部に設置するにあたり、居住者のみ利用可能とするセキュリティ機能を付与し、居住者以外の方がマンション内「マートステーション」を受け取り場所として選択できないようにしています。

※クックパッドマート公式HP https://cookpad-mart.com/

■パークホームズ豊洲ザ レジデンス概要
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/196246/table_196246_1.jpg


■三井不動産レジデンシャルについて
三井不動産レジデンシャルは、コーポレートステートメント「すまいとくらしの未来へ」を実現すべく、「くらし起点のすまいづくり」、「多様化するニーズに応えるすまいの提供」、「すまいの愛着を育む『コミュニティ形成支援』と『くらしサービス』の提供」の3つの視点を中心に事業を推進してまいります。
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/196246/img_196246_3.png

■三井不動産レジデンシャルサービスについて
三井不動産グループのマンション管理会社として、三井不動産レジデンシャルが開発・分譲したマンションを中心に、超高層マンションから再開発事業に伴う大規模・都市型マンションなど数多くのマンションの管理を手掛けています。
お住まいの方からの問い合わせ対応、管理組合の出納・会計業務、理事会・総会の運営支援、マンションの清掃・巡回・点検など多岐にわたる業務を実施するとともに、マンションライフに期待されるニーズに応え管理会社という枠にとらわれず、常に新しい価値の創造に取り組み、サービスを提供してまいります。



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。