配信元:共同通信PRワイヤー

YuppTVがBSNLとトリプルプレー・サービス提携を締結

AsiaNet 81181 (2054)

【ニューデリー2019年10月21日PR Newswire=共同通信JBN】
*今回の提携は、モバイルおよび固定回線向けのビデオおよびブロードバンドテクノロジーサービスを強化

南アジアOTTコンテンツの世界リーダーYuppTVは、インドで最も歴史が長い通信サービスプロバイダーBSNLとの提携を発表した。2つのカテゴリーリーダーはモバイルおよび有線回線向けのビデオおよびブロードバンドテクノロジーサービスにトリプルプレー提携を締結した。

(Logo - https://mma.prnewswire.com/media/839837/YuppTV_Logo.jpg

(Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1014379/BSNL_Logo.jpg

(Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1014380/Yupp_TV_BSNL.jpg

インド最大のブロードバンドプロバイダーであるBSNLのファイバーネットワークは、インドをくまなくカバーし、同様に熱心なモバイルベースも擁している。同社はインド奥地を含め隅々までにトリプルプレー・サービスを提供できる可能性を秘めている。

一方、YuppTVはOTT分野のパイオニアとして、ビデオおよびテクノロジーサービスへの参入を計画する企業であり、YuppTVは同社の革新的な機能によって、ライブおよびVODコンテンツを世界中の幅広いオーディエンスに10年以上にわたりストリーミングしてきた輝かしい専門技術を誇っている。YuppTVは、ライブTVチャンネル、キャッチアップTV、ムービー、独自オリジナルを備えた幅広い独占コンテンツライブラリーを提供している。

BSNLは、ICTセクターにおける地方と都市のデジタルデバイドを埋めるイニシアチブに全力を傾注し、指導力を発揮している唯一のサービスプロバイダーとして評価されている。他の追随を許さないBSNLのインド全域、とりわけティア2および3市場での展開能力に加え、広範かつ独自のコンテンツライブラリーを備えた優れたスケーラブルテクノロジーにおけるYuppTVの実績を考慮すると、両ブランドは協力してインドに模範となるバリュープロポジションを生み出すことになる。

YuppTVのウダイ・レディ創設者兼最高経営責任者(CEO)は今回の提携について「BSNLのような業界の既存企業と提携できることをうれしく思う。提携後には、われわれはBSNLが開拓した巨大なネットワークを活用し、急成長しているユーザーベースに優れたテクノロジー製品および機能を提供するチャンスに恵まれる。われわれYuppTVは、シンプルであるが効果的、かつ革新的なテクノロジーによる最先端のエンターテイメントソリューションへのアクセスを民主化する決意である。われわれは、長期の提携と、BSNLの幅広いユーザーベースからの積極的な反応を楽しみにしている」と語った。

BSNLのプラビン・クマール・プルワル会長兼マネジングディレクター(CMD)は「10年間にわたりOTT分野にパイオニアであるYuppTVは時代の変遷に伴い素早く進化し、ライブストリーミング、キャッチアップTV、独自オリジナルなどの優れたデジタルおよびビデオエンターテインメント製品・サービスを提供する破壊的なテクノロジーを活用してきた。われわれはYuppTVと提携し、インドの消費者に優れたバリュープロポジションを提供できることをうれしく思う」と同様の考えを示した。

BSNL取締役会のディレクターCFAであるビベク・バンザル氏は、単一ファイバー接続(Bharat Fiber)でシームレスなトリプルプレー・サービスを顧客に提供する技術的な準備はすでに試験済みで成功していると報告した。

今回の提携は、BSNLがサービスのポートフォリオを充実させ、急速に進化する激烈な市場で競争力を維持することにも役立つ。YuppTVはBSNLのブロードバンドおよびモバイル顧客向けのサービスを束ねるだけでなく、ラストワンマイル・インフラストラクチャーを提供することによって、サービスが行き届いていない地域へブロードバンドサービスを提供するうえでBSNLを支援する。

▽報道関係問い合わせ先
Manjusha K
manjusha@yupptv.com

ソース:YuppTV

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。