配信元:共同通信PRワイヤー

K2の新企業アイデンティティーとグローバルウェブサイトが示す卓越したモビリティーサービス

AsiaNet 81225(2075)


【ロンドン2019年10月23日 PR Newswire=共同通信JBN】グローバルな独立系モビリティーリロケーション(赴任、転勤、異動など)と専門サービスのプロバイダー、K2 Corporate Mobilityは同社の幅広い高品質サービス商品を提示するため、新しいグローバルウェブサイトとコーポレートアイデンティティーを発表した。

「それはパーソナルだからだ」という同社の他に類のないサービスのコミットメントを果たすため、K2は同社の社内人事(HR)と世界のモビリティーチームの延長として企業と協力している。同社は各企業、個々のグローバルビジネスと人材管理のニーズに最も合致する、特別仕様で状況に左右されず、公平なソリューションを開発している。

K2はグローバルなリロケーションと任務向けの完全なサービススイートを網羅するビジネスモデルを開発し、そのサービス品質で知られるようになった。出発地から目的地までの支援パッケージにより、短期、長期の国際的任務、恒久的な転勤、グループの移動と国内任務といったモビリティーニーズに対応する。これには移住サービス、リロケーション管理、移動管理、経費管理、完全アウトソースの任務管理、戦略的な助言サービスが含まれる。

K2は顧客ニーズに支えられた自力成長により、2002年の創業から急速に発展している。K2は長期の顧客を保持し、幅広い産業から新規顧客の獲得に成功したことでますます力をつけ、サービス商品とグローバルリーチを着実に開発し、拡大している。

現在、K2は世界180カ国超の200以上の顧客にサービスを提供し、同社の世界の事務所はサービスを直接、あるいは同社のGlobal Accredited Partner Programme(グローバル認可パートナープログラム)で十分に吟味されたサービスプロバイダーの完全に責任ある監督を通して提供している。

新しいロゴ、ウェブサイト、より広範なサービス商品はK2が現在進めている戦略的な発展計画の一環である。HRコンサルタント企業であるHarbour HRの最近の買収も含め、専門家リーダーシップチーム、顧客の増加率、サービスとグローバルリーチ強化が拡大し、それによって移住と従業員給与に関する重要地域でのサービス商品が幅広いものになっている。

新ロゴと新ウェブサイトを目玉とするブランドリフレッシュはK2の成長において重要な時期に行ったとK2のロブ・マクファーランド・グループ最高執行責任者(Group COO)は述べる:

「グローバルモビリティーは世界的規模の市場ニーズに迅速に対応するビジネス能力の重要な部分である。K2はサービスの卓越性で高く評価された名声を持ち、常に顧客を第一に考える。それが当社のビジネス哲学の根幹にある。しかし、当社はこのセクターではよく知られ、長期的な得意顧客からの尊敬を集めているが、私は当社の存在感が、われわれが持っているサービスと同等になることを確実にしたい」

「顧客とパートナーを代表して当社が取り組む仕事の実績、原則、信念をわれわれは誇りにしており、現在のわれわれの姿をもっと正確に細かく共有したい。当社の新しい『店舗の窓』が当社の本当の姿、当社の能力、当社の支援の方法、そして当社の成功を真に反映するものであることを分かってほしい」

「当社のオンライン任務事例管理プラットフォーム、Ascentの開発計画に並行し、当社サービスと事業構造の改善実施を継続的に行い、当社に期待される高い基準を常に提供することを確実にしたい。当社は継続的な改善、イノベーション、変更にオープンな、進歩的でアジャイルな組織であり続けたい」

ニック・プラマー・グループCEO兼創業者は次のように付け加えた:

「創業以来、K2に関する私の一貫したビジョンは当社のサービス能力に信頼と自信を構築することである。細かいことに注意し、常に結果を成功裏に達成しながら透明性を確実に提供することは当社のDNAである。それはすべて、当社顧客の期待と優先事項を正確に理解することから導き出されるものだ」

「当社は今日、当初の約束を果たしていることを誇りに思う。その約束とは、『十分に良い』では足りないと信じる顧客に比類のないサービスの卓越性を提供することである」

「私は当社の企業としての新たな存在感に満足している。今、当社は、われわれに何ができるか、ものごとにどう対応するか、当社顧客に比類のないサービスを届けることをどれだけ大切にしているかについて明確に定義している」

K2のシェリー・ジャレット・ヒル・マーケティングマネジャーはさらに述べた:

「このブランドリフレッシュの根幹は、当社が持っている長期にわたって尊敬される名声をさらに強化することにある。当社の全顧客が繰り返し当社を称賛する卓越したサービスの個別的特色の物語を強化し、位置付けることが重要だった」

新しいウェブサイトはK2の既存ウェブサイトwww.k2corporatemobility.com から検索でき、当社のビジョン、文化と信念、サービス商品の主要エレメント、そして世界のモビリティーリロケーションと専門サービスへのアプローチについて、より詳しい情報を提供する。また、当社の米国内サービスに関する情報、有益な業界の知見とイベント情報も提供する。

▽編集者注
K2の詳細はhttps://www.k2corporatemobility.com/about-k2/ を参照。

Logo: https://mma.prnewswire.com/media/1015566/K2_Logo.jpg

ソース:K2 Corporate Mobility

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。