配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/lQqWQl2Qv00eIsR9aWHS.jpg
【つくば酒趣】キャビアとイクラのハーフ丼


牡蠣、伊勢海老、オマールエビ、まぐろなど、贅沢な旬の『シーフード』と『世界のスパークリングワイン』を同時に堪能できる「新宿シーフードマニア2019~シーフードとスパークリングワインの祭典!!」が、新宿・大久保公園でついに開催された。


画像 : https://newscast.jp/attachments/QP8lHgOZKZjlfOQmfvmL.jpg


2013年「和食」がユネスコの世界文化遺産に登録されたこともあり、世界的にシーフードの消費が伸びている。本イベントでは「世界中のフィッシャーマンとお魚に感謝して!」をコンセプトに、歌舞伎町の再開発で盛り上がるダイバーシティー新宿・大久保公園を舞台に、食の魅力を再認識することができる。
イベントでは生本まぐろ丼、三陸産の蒸し牡蠣、世界が認めたカキフライ、シーフードカレーや、シーフードラーメン(エビ味噌、ホタテ塩)などをはじめに、幅広い世代に愛されるポピュラーなメニューからスパークリングワインに合うガーリックシュリンプやアサリとムール貝の白ワイン蒸しなどが用意されている。さらに、東京・八丈島の島ずし、関西の明石焼、三重県須賀利の魚を使った漁師風ブイヤベース料理やオマールエビを丸ごと1匹使用したピザなど、ここでしか味わえない豊富なメニューを800円から1200円とリーズナブルな価格で楽しむことができる。詳細は公式ホームページをチェック!
その中で異色なのが【つくば酒趣】のキャビアを使ったメニューだ。特に「キャビア丼」の価格はなんと3万円と一番高額なメニュー。キャビアとはチョウザメの卵だが、【つくば酒趣】では茨城県つくば山系の地下水を汲み上げ、ろ過した水に酸素を加えて育てた国産のキャビアを使用している。チョウザメはオスメスの判別ができるまでに4年、さらにキャビアが搾取できるようになるまで8年と長い歳月を経て味わえる高級食材。そんな貴重なキャビアをふんだんに盛り付けた「キャビア丼」(3万円)や「キャビアとイクラのハーフ丼」(2万円)はここでしか味わえない非常に贅沢な一品である。
他にもイベントではシーフードにあう、世界各地の約30種類のスパークリングワインが日替わりで提供され、普段なかなか出会えない極上なスパークリングワインをグラス600円から楽しめる。白ワイン、赤ワインはもちろん、お酒が苦手な方にアルコール0%のワインテイスト飲料なども用意されている。


画像 : https://newscast.jp/attachments/VU5RIQATIE6uBLMxFq5E.jpg


初開催を記念して平日15時〜18時に先着300杯限定でグラス600円の白・赤・スパークリングワインがグラス300円で楽しめるハッピーアワーが開催される(*アルコール0%アイテムは対象外)また、11月16日(土)15時から【まぐろ商店】のブース内で「まぐろの解体ショー」が行われるなど、小さいお子様も存分に楽しむことができる。
家族連れ、カップル、友達同士など全ての人々に気持ちいい気候のもと、肩肘張らずにシーフードとスパークリングワインを楽しんでいただきたい。開放感、満腹感、オシャレを楽しむ、そんな至極の時間をご提供する「新宿シーフードマニア2019~シーフードとスパークリングワインの祭典!!」がただいま絶賛開催中!!詳細は公式サイト(https://seafood-mania.com)を要チェック。


新宿シーフードマニア2019 〜スパークリングワインとシーフードの祭典〜


画像 : https://newscast.jp/attachments/OEBDYjJqSFV2BcSxi30t.jpg


日程: 2019年11月7日(木)〜11月24日(日) 計18日間
開催時間: 11:00〜21:00
会場: 新宿・大久保公園(東京都新宿区歌舞伎町2-43)
主催: 新宿シーフードマニア実行委員会
協賛: 第一三共ヘルスケア
協 力 : 歌舞伎町商店街振興組合
歌舞伎町二丁目会
ドリンク協力:(株)モトックス


公式ホームページ: seafood-mania.com
公式ツイッター: @seamani_staff




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。