配信元:@Press

株式会社リアル(本社:名古屋市中区、代表取締役:片田 一幸)は、事業主として関西と九州のデザイナーとコラボレーションし、リノベーション買取再販を行った名古屋市内の分譲マンション内物件2戸において11月14日(木)に実施する断熱リノベーションセミナーの開催が迫ってまいりましたので改めてご案内いたします。
両物件ともに、設計は一般社団法人リノベーション協議会が主催するリノベーション・オブ・ザ・イヤーなどを受賞した経歴を持つデザイナーに依頼いたしました。当日は各デザイナーによるセミナーも開催します。いずれの住戸もデザイン性だけでなく機能性も重視し断熱施工を施しています。(当日は内覧会も実施しております)


■「マンション月見台705号室」
<コンセプトは人が住むことで完成する、“未完成の家”。>
画一的になりがちである買取再販や新築に対して、室内の床や天井、キッチンとドアに“未完成”部分をご用意いたしました。もちろんそのまま生活することも可能です。デザインがないため流行に左右されずに永く使うことができます。仕上げる余地を残すことで、自分仕様のデザインを取り入れることがでるため、住む人らしさが出る住宅が叶います。

設計:9株式会社(読み:ナイン株式会社) 代表取締役 久田 一男氏
滋賀県出身、大阪モード学園卒業。ファッション業界から大工を経てリノベーションへ。リノベーション住宅協議会関西部会長。2014年・2015年にリノベーション・オブ・ザ・イヤー「無差別部門最優秀賞作品賞」を連続受賞。2018年より、90%から99%まで完成レベルが選べる「未完成住宅」を展開。

所在地 :名古屋市千種区月見坂町2丁目6番
構造・規模 :鉄筋コンクリート造地下1階付8階建7階部分
築年月 :1971年12月
専有面積 :78.01m2(23.59坪)
バルコニー面積:10.01m2(3.02坪)
合計面積 :88.02m2(26.62坪)


■「ダイアパレス・ステーションプラザ金山1501号室」
<コンセプトは境界を溶かすことでひとつの空間に“複数”の用途を加えた家。>
従来の扉は四角いものという概念を壊した“タムタムアーチ”と呼ばれる印象的な扉を造作することで部屋と部屋との境界を溶かし、住む人がその時々の用途で空間を使うことができます。都心の一等地にあることを忘れてしまうほど四方が素晴らしい眺望に恵まれた住戸であることを生かした間取り変更を行っています。

設計:株式会社タムタムデザイン 代表取締役 田村 晟一朗氏
高知県出身。建築事務所、インテリア・デザイン事務所を経てリノベーションへ。リノベーション・オブ・ザ・イヤー他多数受賞。2017年に「最優秀作品賞」、2018年には「最優秀総合グランプリ」を連続受賞。空間を設計することで「建築・空間の力」を磨き上げて「成長する建築・空間」を提供する。

所在地 :名古屋市中区金山2丁目15番2号
構造・規模 :鉄骨鉄筋コンクリート造15階建15階部分
築年月 :1996年2月
専有面積 :88.21m2(26.68坪)
バルコニー面積 :21.27m2(6.43坪)
ルーフバルコニー面積:58.27m2(17.62坪)
合計面積:167.75m2(50.74坪)

※瑕疵保険加入可能・安心R住宅適合

マンション月見台の施工前
https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/img_198309_3.jpg
マンション月見台の断熱施工
https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/img_198309_4.jpg
ダイアパレス金山の施工前
https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/img_198309_5.jpg
ダイアパレス金山の断熱施工
https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/img_198309_6.jpg
ダイアパレス金山
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/LL_img_198309_1.jpg
マンション月見台(未完成仕上げ)
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/198309/LL_img_198309_2.jpg
タムタムアーチ(金山)


ダイアパレス・ステーションプラザ金山1501号室はペントハウス(最上階1邸のみ)となるため四方が外気の影響を受けますが、断熱を行うことで快適性を損わないよう改修を行いました。高断熱住宅では、細かく仕切るより開放的にすることで非暖房室の温度も上昇します。また、天井を解体し高さを上げることで最上階ならではの特徴を生かし、最大限の開放的な空間を作り上げました。

マンション月見台705号室も断熱を行うことで築47年の建物に現在一般的な新築住宅の性能※を上回るレベルの断熱性を加えました。いずれの住戸もデザイン性だけではなく、快適性も備えた住戸です。

断熱工事の監修はリノベーション協議会北海道部会理事を務め、気象条件の厳しい北海道で2018年にLCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅認定を取得した棟晶株式会社 常務取締役 齊藤 克也氏によるものです。
(注)平成28年省エネ基準(当地ではUA値0.87W/m2・K)


■ここまでできる!断熱リノベーションセミナー
見える部分だけキレイにするのがリノベーションではありません。見えない部分にもしっかりと作ることで断熱性能を上げられることをご存知ですか?リノベーションでどこまで断熱性能を上げられるのか知ることが出来るセミナーです。
講師:一般社団法人リノベーション協議会 北海道エリア理事 齊藤 克也氏

【プロフィール】
温熱環境設計:棟晶株式会社、常務取締役:齊藤 克也氏
北海道出身。リノベーション協議会北海道部会理事。人も家も長生きできる住宅を提案し、健康で快適に暮らせる家を追求。2015年にリノベーション・オブ・ザ・イヤー「省エネリノベーション章」、2016年に「800万円未満部門最優秀章」を受賞。気象条件の厳しい北海道で2018年にLCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅認定を取得。

日時:2019年11月14日(木)
・マンション月見台
築47年/設計:9株式会社
14:30~15:00
・ダイアパレス・ステーションプラザ金山
築23年/設計:株式会社タムタムデザイン
15:30~16:00

ご参加を希望される方は、以下の内容を株式会社リアル( info@real-inc.jp )までご連絡頂きますようお願い申し上げます。
※内覧会以降も随時ご内覧いただけます。

<ご連絡いただきたい内容>
参加希望日時」「参加人数」「代表者お名前」「法人名」「電話番号」


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。