配信元:共同通信PRワイヤー

Michter'sが3年ぶりにセレブレーション・サワーマッシュ・ウイスキー発売へ

AsiaNet 81732 (2305)

【ルイビル(米ケンタッキー州)2019年11月20日PR Newswire=共同通信JBN】Michter's Celebration Sour Mash Whiskey(ミクターズ・セレブレーション・サワーマッシュ・ウイスキー)が3年ぶりで2019年12月に再び発売される。今年発売のMichter's Celebrationは厳選された6つの樽のウイスキーブレンドである。Michter'sのマスターディスティラー(蒸留責任者)ダン・マッキー氏は「私の初のセレブレーションへの取り組みは好きでやることだ。最終的に、ケンタッキー・ストレートバーボン2樽とケンタッキー・ストレートライ4樽を当社の在庫から選んだ。どのセレブレーション発売も特別でめったにないことだ。今年の製品は、バーボン3樽とライ3樽を使った2016年のものと異なる」と語った。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1031358/Michters_2019_Celebration_Sour_Mash.jpg

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/4586/michter_s_distillery__llc_logo_4734_21071_.jpg

Michter's Celebration用に完璧な樽を探すのに、大変な注意が払われる。Michter'sのマスターオブマチュレーション(熟成責任者)アンドレア・ウィルソン氏は「この素晴らしい樽を見つけてあのすごい樽と合わせるというだけの問題ではない。合わさった全体が部分の合計より素晴らしくなるすごい樽を選ぶという問題だ。2019年発売品のウイスキーは、10年以上から30年以上まで熟成年数の幅がある」と述べた。

Michter's Celebration Sour Mash Whiskeyが2013年に発売された際は、米国ウイスキー史上の画期的なものとなった。アメリカンウイスキー企業が初めて、数千ドルの希望小売価格で希少ブレンドウイスキーを売り出した。Michter'sのジョゼフ・マグリオッコ社長は「Michter'sには、米国製の優れたウイスキーは世界の他の地域の極めて優れたスピリッツの好敵手にふさわしいとの思いがあったため、初めてMichter's Celebration Sour Mash Whiskeyの発売を打ち出した」と明かした。

2019年版のMichter's Celebrationは277本しか世界で発売されない。アルコール度数115.6度/57.8%で、米国内希望小売価格は5000ドルとなる。

ルイビルを本拠とするMichter'sは妥協のない品質の伝統的なアメリカンウイスキーを提供してきた長く豊かなレガシーがある。熟成がピークに達した各限定生産品により高い評価を得ているMichter'sのポートフォリオは、バーボン、ライ、アメリカンウイスキーなどである。

詳細は公式ウェブサイト(www.michters.com )を参照、
または以下のフォローを:
Instagram (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2646891-1&h=1562389018&u=https%3A%2F%2Fwww.instagram.com%2Fmichterswhiskey%2F&a=Instagram )、
Facebook (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2646891-1&h=1766186476&u=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fmichterswhiskey%2F&a=Facebook )、
Twitter (https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2646891-1&h=4218147436&u=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fmichterswhiskey&a=Twitter

要望により高解像度画像を提供。

▽問い合わせ先
Joseph J. Magliocco
502-774-2300 x580
jmagliocco@michters.com

ソース:Michter's Distillery

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。