配信元:@Press


吉祥やまなか(石川県加賀市 総支配人:村井博) では、2019年12月1日~12月27日迄の期間、ズワイ蟹と香箱蟹の贅沢な味わいを堪能できる夫婦蟹の土鍋ごはん付きプランを発売いたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/CjL1taZfogX2REDtMBM0.jpg


冬の味覚ズワイ蟹の旨味と、香箱蟹(メス)の内子と外子の濃厚な味わいを両方同時に愉しめるこの時期ならでは土鍋ごはんです。加賀会席は、鰤・甘海老・白バイ貝の造里、ズワイ蟹、甘鯛、合鴨の治部煮、加賀丸芋や五郎島金時芋、金時草など加賀野菜の天婦羅食べつくしがお愉しみいただけます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/3cMYVWjMLfn7M2FRkAv6.jpg


山中温泉 吉祥やまなか 鶴仙渓を望む加賀コンシャスな湯宿<公式> : https://kissho-yamanaka.com/


《至福の晩餐》ズワイ蟹と香箱蟹の夫婦蟹土鍋ごはん 宿泊プラン


【期 間】2019年12月1日~27日
【料 金】御一泊夕・朝食付き/お一人様26,800円 (2名1室) ~
*鶴仙渓を望む和室「楽」
*金・日1,800円UP 休前日5,500円UP
*税サ込・入湯税150円別


画像 : https://newscast.jp/attachments/Xs2SGeq3quGwLPVKxzB3.jpg


【夕 食】べにはな:加賀能登会席・煌
*通常の会席料理のご飯を「夫婦蟹の土鍋ごはん」に変更し、卓上にて取分けサービスをいたします。
*予約制(3日前までにお申し込みください)
【朝 食】鉄板ブレックファースト「青竹」or加賀朝食「べにはな」


【その他】
貸切温泉無料(ご滞在中 1 回)、加賀パンケーキのアフタヌーンティー、女性に色浴衣の貸出し、夕方の湯上りビール&甘酒や甘味、朝の郷土料理べろべろ、珈琲や加賀棒茶などのドリンクサービス、記念日のお祝いや連泊特典など嬉しい無料のおもてなし。


<詳細>


●加賀パンケーキのアフタヌーンティー(鉄板焼「青竹」14:30~16:00)
シェフが目の前で焼き上げる、日替わりのご当地パンケーキをご用意いたします。能登大納言餡・五郎島金時芋ホイップ・金箔はちみつなどのソースと一緒にお愉しみください。
<日替わりパンケーキ> プレーン&酒粕or加賀棒茶


画像 : https://newscast.jp/attachments/vMmQS6Zn7KWzxbkylPmq.jpg


●貸切温泉50分無料(滞在中1回、当日先着予約)
趣の異なる檜・岩・石造り、三種の貸切風呂にて、源泉より引くまろやかな湯をお愉しみください。


画像 : https://newscast.jp/attachments/kA1Dw7Kl1OuF7s9UQhuX.jpg


●女性の方へおもてなし
色浴衣・髪飾り・湯籠・足袋・花ぞうりなどお好みのスタイルで鶴仙渓や、ゆげ街道散策をお愉しみください。また、「ゆげ街道まち歩きチケット」を1泊につき1枚プレゼント。山中温泉名物の娘娘饅頭やコロッケ・団子、加賀銘酒飲み比べ・大吟醸ソフトより1点お選びいただけます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/mQ1TWawEW35uU3pTjszJ.jpg


●「山中節の夕べ」毎日公演(ロビーラウンジ20:45~)
北前船の栄えた頃より、唄い継がれる温泉民謡です。漁師たちが遠く北海道までの出稼ぎ中に習い覚えた「追分節」。 冬に湯治へ来た際に、漁師たちが湯に浸かりながら唄っていたのを外で聞いていた浴衣娘(ユカタベー)が聞惚れ、山中訛りで真似たのが始まりとされています。「山中座」に出演する芸妓たちが、情緒漂う舞唄を披露いたします。


画像 : https://newscast.jp/attachments/tnRwauPAE9wLTZ1nw2om.jpg


●姉妹館「かがり吉祥亭」湯巡り(送迎車5分/遊歩道30分)
山中随一の景勝・こおろぎ橋ほど近く、マイナスイオンたっぷりの森に佇むような立ち湯露天風呂と開放感溢れる野天風呂をご利用いただけます。客室には巾着&足袋ソックスのご用意、全湯処にはバスタオルや化粧水などのアメニティ類を完備しております。鶴仙渓の遊歩道1.3km~ゆげ街道の散策がてらに手ぶらでどうぞ。


加賀温泉郷「山中温泉」について


加賀四湯のひとつで開湯1300年の歴史をもつ温泉。俳聖・芭蕉がこよなく愛したというまろやかな湯は美肌の効能があるとされ、環境庁・観光庁後援「うるおい日本プロジェクト 温泉総選」 女子旅部門2016-2017年2-3位にも選ばれました。四季を通して総湯を中心に風情たっぷりの街歩きが楽しめます。鶴仙渓1.3kmの遊歩道、あやとりはしのライトアップ、こおろぎ橋は2019年10月に約30年ぶりに1度の架け替が完了。九谷焼や山中塗、地酒屋が軒を連ねるゆげ街道でのご当地グルメ食べ歩き散策もおすすめです。
●周辺観光
・隈健吾氏設計「九谷セラミック・ラボラトリー」2019年5月24日オープン。製土工場の見学、ギャラリーや体験工房などを備えた複合型の九谷焼創作工房。(当館より車で約25分/小松市)
・那谷寺 真言宗の別格本山で国重要文化財。広い境内は、奇岩遊仙境と称され、奇岩が集まる岩窟や霊石、紅葉狩りの名所として有名です。四季折々に山水画のような美しい景色が、楽しめます。(当館より車で約25分/小松市)


地図 : https://www.google.co.jp/maps/place/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E5%8A%A0%E8%B3%80%E5%B8%82%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%B8%A9%E6%B3%89%E6%9D%B1%E7%94%BA%E4%B8%80%E4%B8%81%E7%9B%AE%E3%83%9B14-3






20191207_YMNリリース「ズワイ蟹と香箱蟹夫婦蟹土鍋ごはん20191201-1227」.pdf


: https://newscast.jp/attachments/as1D0Bhn8hv6qQovlHNi.pdf




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。