配信元:共同通信PRワイヤー

F1(R)が3Dプリントアート使用の新フレグランスブランド立ち上げ

AsiaNet 82068 (2480)


【ロンドン2019年12月9日PR Newswire=共同通信JBN】Designer ParfumsとF1(R)は10年来の最終戦、2019年アブダビグランプリ(FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX)という驚くべき背景を選んで、新フレグランスブランドを立ち上げた。FORMULA 1(R)(フォーミュラ1)の興奮、情熱、テクノロジー、ダイナミズムに触発された新ブランドは、来年発売される。

この大胆なプロジェクトはアート、テクノロジー、デザイン、そして限りない嗅覚の創造性の融合である。

FORMULA 1のマーケティングコミュニケーション・ディレクター、エリー・ノーマン氏は「Designer Parfumsと協力して新フレグランスコレクションを発表することをとても喜んでいる。独特のフレグランス、F1に触発された特注ボトルは、このスポーツの活力に満ちた特質を体現しており、来年初めにコレクション全体を発売する計画である」と語った。

卓越性、厳密な精度、先進テクノロジー、伝説のFormula 1(R)につき動かされた彼らは、フレグランスを通じてFormula 1(R)の刺激的な物語を告げるというユニークな旅を開始した。

Designer Parfumsのディレシュ・メータ会長兼最高経営責任者(CEO)は「われわれは特異なフレグランスブランド構築のため、このスポーツの遺産と原理を活用する。香水界に対する極めて正当な手法とFormula 1コアバリューの融合である。3Dプリントを利用した初のフレグランスブランドは大きな成果であり、将来はこれをさらに推し進めるつもりである。その時は消費者にカスタマイズデザインを生み出す力を提供する」と語った。

Formula 1(R)の高度なエンジニアリング、オーガニックライン、フォルムの原理で、先見の明あるデザイナー、ロス・ラブグローブ氏は豊かなレファレンスを得て、コレクションの先陣を切る3Dプリントアート3作品をデザインした。3Dプリントは、F1精神を見習い体現する唯一の明白な道とみられた。

ファンは特注フレグランスを初体験し、2020年に真にユニークなコレクションを目撃するとき、予期しないものを覚悟してほしい。

ロス・ラブグローブ氏のデザインは以下の通り。

*AGILE EMBRACE(機敏な抱擁):
フローが生み出すフォルム原理に基づき、ラインがデザインの中心である内核を抱合。車体がドライバーを解剖学的精度で囲み保護するやり方に似た感覚的保護機能(3Dプリント)

*FLUID SYMMETRY(流体の対称):
車の空気力学デザインの変化するオーガニックラインに由来するこの概念は、先端素材と調和して自然力の物理学が21世紀の技術的なバイオ美学の新しい形をつくり出せる証拠(3Dプリントのブラストチタン)

*COMPACT SUSPENSION(圧縮サスペンション):
スペースフレームは、3Dプリント形状の内部フラスコをつる強力なレイヤーの外骨格であり、先進的かつ革新的な構造工学を参考にしている(3Dプリント)

これら初の限定版3Dプリントによって、われわれはプロジェクトのときめきを発見する。Haute Parfumerie(オート・パフューマリー)世界の5つの精妙なフレグランスのコレクションである。

F1 Haute Perfumeryコレクションを創作するにあたって、Designer Parfumsは世界で最も先進的な香水業者と協力して、F1カーのように精巧に作られ慎重に設計された斬新なフレグランスコレクションをつくり出した。各マスターパフューマー(調香師)は刺激的、精力的、ダイナミックなF1の世界からインスピレーションを得て、次世代原料を不朽のフレグランス構造と合わせて、レースそのもののようにスリル満点の一連の香料をつくり出した。

I ― シルバーメタリック質のピンクペッパーとエレミがある梨の葉の新鮮な緑のベルガモットとレモン。ミネラルアンブロキサンのそよ風が組織を駆け抜け、アキガラウッドの革新的で大胆な特徴にあおられた無重量ボディーを生み出す。メタリックのひねりを利かせたクラシックウッドの現代的解釈

II ― さわやかなシトラス系とピンクペッパーの活力のシームレスな結合が車とトラックの象徴的関係を表し、矛盾する塩味の調和、深い黒パチョリとレザーに突進する。燃えるラバーと塩味アスファルトの雨のまねできない調和でレザーに新しいひねり

III ― マダガスカルシナモンとカラブリアベルガモットの燃えるようなブレンドが競う空気力学的な構成。2つの強力な素材が連携して働き、メタルペッパーとトンカ豆の温かく精力的なコントラストを生む。独特の塩味の調和が革新的でダイナミックな要素をもたらし、クラシックスタイルを刷新、琥珀の上品な近代化がスパイスとダークウッドで強まる

IV ― 無頓着で自信あふれるフレグランスが大胆なスパイスのカクテルを擁し、ブラックペッパーの熱がビャクシンの冷たさを溶かし、勇敢なコントラスト感を生み出す。中心ではスイセンの酔わせる深みがオリスのソフトなミネラル質で和らげられ、シームレスに豊かな男性的ベースに移行して、滑らかなレザーと金トンカラクトンが融合する。フゼア調の大胆な再解釈。

V ― シャンパンアコードの周りに構築されたスリリングな芳香族は、表彰台のトップスポットが照らす気泡のプリズムスプレーを表す。きらめくシトラスノートの発泡はティムットペッパーの電撃を受けて活性化、明るく新鮮なゼラニウムにつながり、上品なスミレの葉で明るくされ、サンダルウッドとアンブロセナイドの豊かな木質ファセットと好対照をなす。活気あるエネルギッシュなアロマの中に、お祝いのスリルが捉えられる

最高価格1万ドルの限定版アート作品、取り換え可能な5種のフレグランスコレクションは2019年11月29日から12月1日まで、FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIXで展示された。詳細および関心登録はdesignerparfums.com を参照。

そして、これは始まりにすぎない!

2020年4月から、このフレグランスは世界各地のリテーラーに届き始める。今回はデザイナーのロス・ラブグローブ氏が最新のデジタルライト合成3Dプリントテクノロジーを活用し、フレグランスボトルを収納する複雑かつ驚くべきテクノポリマー樹脂ベースの外骨格を創出した。

一部小売店でRRP(推奨小売価格) 250ドルで販売。

詳細はdesignerparfums.com を参照。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1041394/agile_embrace.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1041395/compact_suspension.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1041396/fluid_symmetry.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1041397/SA_Designer_Parfums_Bottles.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/885344/Designer_Parfums_Logo.jpg

ソース:SA Designer Parfums Ltd

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。