配信元:@Press


株式会社 MUGENUPは、2019年11月9日(土)・10日(日)に開催された株式会社LITALICOが運営するLITALICOワンダー主催の子どもによるIT×ものづくりの祭典『ワンダーメイクフェス6』内において、株式会社ワコムのワークショップ「プロクリエイターから学ぶキャラクターデザイン講座」に講師として登壇しました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/ePJPHjoGmwq96NVgvGED.jpg
ワークショップ「プロクリエイターから学ぶキャラクターデザイン講座」の様子


ワークショップには定員を大きく上回る応募が集まり、当日の参加者からは「楽しみで前日から寝られなかった」「このワークショップのために、朝からずっと待ってます!」というコメントをいただくなど、始まる前から注目が集まっていました。
まずはクリエイターという仕事についてご紹介した後、ワコムの液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 13」を用いて、手軽にデジタルアートを創作する楽しさを体験するワークショップを開催しました。登壇したMUGENUPのアートディレクターがゲームのキャラクターデザインの考え方やポイントをご説明、お子様の見本として、実際にその場でキャラクターをデザインしていきます。「液晶ペンタブレットに触るのは初めて」というお子様もいらっしゃいましたが、あっというまに使いこなしていたのはさすがデジタルネイティブ世代! 短い時間にも関わらず、自由な発想でキャラクターを描いていました。
ワコムの調査では、親が考えるAIやRPA時代にも生き残る職種として、「デザイナー・クリエイター系」という回答が40%にのぼりました。MUGENUPの代表取締役である伊藤勝悟も、AIが存在感を増す時代だからこそ今まで以上に「新しい発想を生み出す力」が求められクリエイターの価値が高まると考えています。
「創ることで生きる人を増やす」を経営理念とするMUGENUPは、今回のワークショップを通して子どもたちにクリエイティブの楽しさを知っていただき、想像力と発想力を育んで、新たな時代で活躍してくれることを願っています。


子どもによるIT×ものづくりの祭典『ワンダーメイクフェス6』内ワークショップ概要


■名称
プロクリエイターから学ぶキャラクターデザイン講座
■日時
11月9日(土) 開始15:00、終了16:00
■場所
日本科学未来館
■内容
・クリエイターはなにをしている人なの?
・クリエイターはどんな仕事なの?
・MUGENUPでは、こんな風にはたらいています。
・では実際に描いてみましょう!


画像 : https://newscast.jp/attachments/FEPRRvn3heVhbIK4fwwK.jpg


ワークショップのテーマであるゲームキャラクターのデザインを説明している様子。
アリスとぼうし屋をモチーフに、女の子と男の子、好きな方を選んで描いていただきました。


画像 : https://newscast.jp/attachments/0630aOm9xM1J4poWR3fk.jpg


MUGENUPのアートディレクターがキャラクターデザインのポイントを説明しながら自分でも描いていきます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/fpLYkrIoT3RXNffg4IoT.jpg


描いたキャラクターがこちら。用意されたキャラクター設定のキーワードから、「元気」「マイペース」「おさない」「ロングヘア」を選び、「お菓子のくに」のアリスちゃんをイメージしました。


株式会社LITALICOとは


LITALICOは、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」、障害のある方の就職情報サイト「LITALICO仕事ナビ」のインターネットプラットフォームを軸に、障害分野で様々なサービスを提供しています。当事者向けサービス(就労支援サービス「LITALICOワークス」、ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」)に加え、障害のある子どもの家族向けライフプランニングサービスや業界全体の質向上に寄与する福祉施設向け業務支援サービスも開始しました。また障害分野で培った知見を活かし、一般教育領域でもIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開しています。2016年3月に東証マザーズに上場、2017年3月に東証一部に市場変更しました。詳細はhttp://litalico.co.jp/ をご覧ください。
http://litalico.co.jp/


株式会社ワコムとは


株式会社ワコム(東証一部:6727)は、1983年の創業以来、日本を含めた全世界150以上の国と地域で製品を販売しています。これまで、よりクリエイティビティに富んだ世界を実現するための製品をお届けする中で、世界中のデザイナーやクリエイターの方々のご愛顧を頂いて成長してきました。 現在、当社のペン&タッチタブレット、液晶ペンタブレット、モバイルクリエイティブタブレット、スタイラス製品、そして各種デジタルインターフェース機器は、デジタルアート、映画、特殊効果、ファッション、商品デザインなどの分野で幅広く利用されています。また、当社は、若手のデザイナーやクリエイター育成をサポートする多くの活動にも参画しています。さらに、当社の培ってきた技術をモバイル端末用途に最適化したWacom® feel IT technologiesは、各社が展開するスマートフォン、タブレット端末、電子書籍端末など様々な製品群にコンポーネントとして採用されています。このように、当社が提供する技術は、ビジネスからホームユースまでのさまざまなシーンで、デジタルコンテンツクリエーション、医療・教育・金融などの分野で利用されています。
https://www.wacom.com/ja-jp


株式会社MUGENUPとは


株式会社MUGENUP(本社:東京都新宿区、代表取締役:伊藤勝悟)は世界中のクリエイターをシステムでつなぎ、2Dイラストや3DCG、映像など、多彩なクリエイティブを制作しています。さらにクリエイティブの制作環境も創るべく制作管理ツール「Save Point」の開発・提供を行っている他、次代のクリエイターの育成サポートやオリジナルコンテンツの企画・製作にも取り組んでいます。
https://mugenup.com/


© MUGENUP Inc.




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。