配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/MPHwkDKphwnnRzO7wRhx.jpg


ハンガリーのピアニスト/コンポーザーのHAVASI(ハヴァシ)の初来日公演が12月21日(土)に東京・Bunkamuraオーチャードホールで開催される。クラシック出身のHAVASIだがジャンルの枠にとらわれない世界観の楽曲を生み出し、アメリカのカーネギーホールやオーストラリアのオペラハウスといったクラシック系のコンサート会場だけでなく、ロックやポップス系アーティストたちがライブを行うイギリスのウェンブリーアリーナやドイツのメルセデスベンツアリーナでも熱い演奏でオーディエンスを魅了。なんと欧米ではコンサート動員数の記録を塗り変えたという実績も。


画像 : https://newscast.jp/attachments/un9sbAQt5mpepEOgyyCE.jpg


コンサートのプログラムはHAVASI自身が作った完全オリジナル楽曲だけで構成。繊細なイントロから一気にダイナミックな世界へと展開する「道」はYouTubeチャンネルで公開されているMVの再生回数が1550万回を超えていて、ライブでも欠かせない定番曲となっている。コンサートの映像が公開されている「The Strom」も後半にかけてアグレッシブな演奏が聴けて、タイトルどおり“嵐”をイメージさせてくれる。こちらの曲も260万回超の再生回数を記録しており、多くの人たちを魅了している。
そのほかにも多くの映像がYouTubeの公式チャンネルで観ることができるが、特にライブの映像を観ると「クラシックのピアニストのコンサートは敷居が高そう」とか「クラシックのコンサートは経験がないのでどんなふうに楽しんだらいいのかわからない」という人にもHAVASIのコンサートの楽しさ、楽しみ方がわかるはず。本人もジーンズに革ジャケット(あるいは革ジャン)といったカジュアルな服装でステージに登場しており、アップテンポな楽曲ではオーディエンスが手拍子をして一緒に盛り上がっている様子がうかがえる。聴いた感情のまま拍手をしたり、手拍子をしたり、存分に楽しめるのがHAVASIのコンサートのスタイルである。


画像 : https://newscast.jp/attachments/4RWqNjQ0p2wzYPc4A8tG.jpg


クラシックの伝統に基づきながらも現代的なアプローチで演奏する稀代のエンターテイナーであるHAVASIの初来日公演は、少しだけ早めの究極のクリスマスプレゼントと言えそうだ。「HAVASI Pure Piano」というタイトルどおり、今回のコンサートはHAVASI単独での公演となる。ピアノ1台のみのシンプルな構成だからこそ、“ピアニスト”としてのHAVASIの魅力と独自の世界観をたっぷりと味わうことができる。
クリスマスシーズン、大切な人と特別なひと時を、世界最高峰のピアニスト・HAVASIの演奏で過ごしてもらいたい。


■公演概要
HAVASI Pure Piano
【公演日時】 2019年12月21日(土) 開場14:30/開演15:00
【会場】   東京・Bunkamura オーチャードホール
【チケット】
<通常料金>S席 8,500円、A席 7,500円、B席 6,500円、C席 5,500円(全席指定・税込)
<子供料金>S席 4,250円、A席 3,750円、B席 3,250円、C席 2,750円(全席指定・税込)
※3歳未満のお子様のご入場はお断りさせて頂きます。
※子供料金は高校生以下。
・チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード:164-876) https://t.pia.jp/
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:71577) https://l-tike.com/
・イープラス(日本語)https://eplus.jp/havasi.eu/ (English)http://ib.eplus.jp/havasi/
【お問合わせ】DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
【公式サイト】https://www.havasi.eu/tokyo2019/
【主催】   PROMAX / ディスクガレージ
【企画・制作】PROMAX / SYMPHONIC CONCERT MANAGEMENT LTD




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。