配信元:@Press

当社は、本日開催の取締役会において、以下のとおり、株式会社CAMELOT(東京都渋谷区神南一丁目18番2号、代表取締役:日高 大輔、以下「CAMELOT社」といいます。)の株式の全部を取得し、完全子会社化することについて決議いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。


1. 株式取得の理由
(1) CAMELOT社とは
CAMELOT社は2005年に設立され、JR渋谷駅から徒歩5分にある場所にて『CLUB CAMELOT』というナイトクラブを運営しております。CLUB CAMELOTは地下1階から地下3階までの3フロアで約326坪の広さを有する大型店舗で、繁盛日にあたっては一日あたり約2,000人超が来場するなど、日本屈指の動員数を誇るナイトクラブです。

(2) 取得の理由
当社は経営の軸としてSDGsを据えており、その一環として不動産の価値向上に取り組んでゆきます。一般的に地下はその利用方法が限定されデッドスペース化してしまいますが、地上に比べて賃料が安価なためにそこで事業を行えば収益性がより高くなります。これを機に当該事業を横展開することによって、多くの不動産保有者様に対してスペースの有効活用の提案を行ってゆきます。

(3) 今後の展望
当該事業において、音楽分野や照明分野等に関しては1クリックで操作が可能になる等、IT化がされておりますが、その他の分野に関してはIT化が進んでおりません。収益性向上のために独自のモバイルアプリの提供を通じて以下のサービスを提供してゆきます。

[1] 会員ベースの構築
[2] 入場チケットの販売
[3] VIPルーム、VVIPルームの予約販売
[4] ドリンク、フードのオーダーリング
[5] クラブ内で行うゲームの提供
[6] キャッシュレス化
[7] メディア化

当社ではIT化とマーケティングの多様化で、収益拡大と合理化を同時に行いつつも、お客様にさらに満足していただけるように努めます。東京オリンピック・パラリンピックの開催が間近に迫り、拡大を続けるインバウンド需要に対応することでさらなる収益拡大が見込めるとともに、外国人の方々にさらに日本を好きになっていただき、オリンピック後につきましても、再度日本に来ていただけるようなカスタマーエキスペリエンスを提供してゆきます。


2. 株式の取得の方法
当社は、個人株主1名と法人1社から保有するCAMELOT社株式の100%を取得いたします。取得資金につきましては、金融機関からの借入を予定しております。


3. 異動する子会社(CAMELOT社)の概要
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_1.png
1

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_2.png
2

4. 株式取得の相手先の概要
沖 悠起(取得株式数160株)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_3.png
3

株式会社アルタマール(取得株式数40株)
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_4.png
4

5. 取得株式数、取得価額及び取得前後の所有株式の状況
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_5.png
5

(注)取得価額につきましては相手方との協議により開示を控えさせていただきますが、取得価額の算定にあたっては、第三者機関によるデューデリジェンスを実施し、双方協議の上、妥当な金額を算出して決定しております。

6. 日程
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/203444/LL_img_203444_6.png
6

7. 今後の見通し
本件子会社化が2020年3月期の当社連結業績に与える影響は現在精査中であり、判明次第速やかにお知らせいたします。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。