配信元:@Press

一般社団法人日本分析機器工業会(JAIMA、所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:中本 晃/株式会社島津製作所 代表取締役会長)と一般社団法人日本科学機器協会(JSIA、所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-8-5、会長:矢澤 英人/株式会社ダルトン 取締役会長)は、今後のライフサイエンス市場におけるデータサイエンスやICTとの関わりをテーマにした「ライフサイエンスイノベーションセミナー」を下記のとおり開催し、近未来のライフサイエンス市場で予想される変革と課題に関するトピックスを提供します。
JAIMAは、JSIAと共同で開催する分析機器・科学機器展示会“JASIS 2020”の特別企画「ライフサイエンスイノベーションゾーン」において、『データサイエンスにより加速されるライフサイエンスの未来 ~「創薬・診断」「農林水畜産資源」「フードサイエンス」とスマート社会~』をテーマに基調講演を実施いたします。これに先駆け、最新情報をお届けするセミナーを企画しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/202695/LL_img_202695_1.jpg
2019年のセミナーの様子

【開催概要】
<名称>
ライフサイエンス イノベーションセミナー
「データサイエンスにより加速される医療・福祉・ライフサイエンスの未来」

<日時>
2020年2月6日(木)13:30~16:40(13:00受付開始)

<場所>
国際医療福祉大学 東京赤坂キャンパス 3階 多目的ホール(301)
所在地: 東京都港区赤坂4-1-26
URL : https://akasaka.iuhw.ac.jp/about/access/

<主催>
JAIMA 医療機器委員会、ライフサイエンス市場研究会
JASIS委員会 プロジェクト小委員会

<プログラム>
13:30
【開会挨拶】
JAIMA 医療機器委員会 委員長 鈴木 信雄

13:35
【ライフサイエンス新時代にむけて変わりゆくライフサイエンス社会の未来とは】
JAIMAライフサイエンスイノベーション 担当アドバイザー 岩瀬 壽

13:50
【世界人口の10%をカバーするオデッセイ医療データネットワーク】
国際医療福祉大学 未来研究支援センター 教授 平松 達雄

14:30
【ライフサイエンスのイノベーションにつながる研究データマネージメント】
国立情報学研究所 コンテンツ科学研究系・助教 込山 悠介

15:10休憩

15:20
【「ためる」から「つなぐ」へ!~デジタルヘルスケアデータの世界流通を実現する革新的プラットフォーム~】
BCプラットフォーム株式会社 ビジネスディベロプメント・ディレクター 市橋 暢哉

15:50
【量子コンピュータ×医療リアルワールドデータの現在地―来るべき量子時代に必要な戦略と進むべき道―】
東京大学 医学部附属病院 企画情報運営部 特任助教
文科省医療データ人材育成事業担当 川口 英明

16:30
【閉会挨拶】
JASIS 2020ライフサイエンスイノベーション特別企画のお知らせ
JAIMAライフサイエンスイノベーション担当アドバイザー 岩瀬 壽

16:40
【閉会】

<参加費(税込み)>
¥3,000(JAIMA・JSIA 会員は無料)

<定員>
100名(先着順受付)

<申込み方法>
以下URLから申込みください。
https://www.jaima.or.jp/jp/lsi_application_20200206/

問合せ先 : 一般社団法人日本分析機器工業会(担当:山内)
E-mail : webmaster@jaima.or.jp
TEL : 03-3292-0642
申込み締切: 2020年1月24日(金)


■JASIS(ジャシス)について
JASIS は、Japan Analytical & Scientific Instruments Showの略で、JAIMAとJSIAが共同で開催している最先端科学・分析システム&ソリューション展。
2020年は、11月11日(水)~13日(金)の3日間、幕張メッセ国際展示場および周辺の施設にて開催いたします。


JASISウェブ: https://www.jasis.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。