配信元:共同通信PRワイヤー

2020/1/21

時代劇専門チャンネル

“ミニシアターランキング”堂々の第1位!2月には時代劇専門チャンネルにて最速放送!
オリジナル時代劇最新作「帰郷」

時代劇専門チャンネル制作のオリジナル時代劇最新作「帰郷」(原作:藤沢周平 主演:仲代達矢)が、1月17日(金)の期間限定上映スタートから早くも動員数を伸ばし、ミニシアターランキング※(興行通信社調べ1/18~1/19)にて堂々の第1位に輝きました。劇場で本作をご覧いただいたお客様からは、大スクリーンに映し出される日本の美しい原風景と、名優陣たちの織り成す重厚な人間ドラマに続々と称賛の声が集まっています。一層注目を集める本作を是非劇場で、劇場にお越しになれない方も、2月8日(土)よる9時の時代劇専門チャンネルでの放送をお楽しみください。
※上映館数30館以下の作品を対象に、興行通信社が週末観客動員数をもとに集計している映画ランキング。

■「帰郷」劇場情報  ※日付は上映終了日(予定)
東劇(東京) ~1月30日(木)
イオンシネマ大曲(秋田) ~1月23日(木)
イオンシネマ北上(岩手) ~1月23日(木)
イオンシネマ名取(宮城) ~1月23日(木)
イオンシネマ下妻(茨城) ~1月23日(木)
イオンシネマ銚子(千葉) ~1月23日(木)
イオンシネマ日の出(東京)  ~1月23日(木)
イオンシネマ港北ニュータウン(神奈川) ~1月23日(木)
MOVIX清水(静岡) ~1月30日(木)
イオンシネマ名古屋茶屋(愛知) ~1月23日(木)
MOVIX三好(愛知) ~1月30日(木)
イオンシネマ金沢(石川) ~1月23日(木)
イオンシネマ津(三重) ~1月23日(木)
MOVIX京都(京都) ~1月23日(木)
なんばパークスシネマ(大阪) ~1月30日(木)
MOVIX堺(大阪) ~1月23日(木)
MOVIXあまがさき(兵庫) ~1月30日(木)
イオンシネマ大野城(福岡) ~1月23日(木)
イオンシネマ戸畑(福岡) ~1月23日(木)
※詳しい上映スケジュールは各劇場の公式サイトをご確認ください。
地域により上映が終了している場合もございます。予めご了承ください。

【あらすじ】
 信州・木曾福島に向かってひとりの無宿渡世姿の旅人が歩いていた。男の名は宇之吉。かつては木曾福島を縄張りとする博奕打ちだったが、親分の罪を被り、江戸に身を寄せた。しかし世話になった相州屋清五郎の妻・おとしと道ならぬ仲になり、清五郎を殺し、おとしと江戸を出奔。以来30 年余りの歳月が流れ、病に倒れた先で見た風景が宇之吉の心を抉る。老い先を思い故郷へ歩みを進めた。
 故郷、木曾福島に辿り着いた宇之吉。町を歩くうち、斬り合いに遭遇する。野獣のように、隙がなく獰猛な動きを示している男が一人、十人を超える男たちを相手にしていた。のちに知れる男の名は源太。彼を追い詰める男たちは、宇之吉のかつての兄貴分、九蔵の手下たちだった。川に飛び込み難を逃れる源太。宇之吉はその姿にかつての自分の姿を重ねていた。
 ある日、渡世人仲間の栄次と行った飲み屋で、おくみという女と出会う。栄次から、おくみと源太は好いた仲だが、かねてからおくみに目を付けていた九蔵が、二人の仲を引き裂こうと執拗に嫌がらせを重ね、ついに源太が九蔵に斬りつけ、追われる身となってしまったのだと知らされる。
 神社で行われる山博奕の日、宇之吉は幼なじみの佐一と再会し、衝撃の事実を耳にする・・・。

【作品概要】
原作:藤沢周平「帰郷」(文春文庫『又蔵の火』所収)
出演:仲代達矢
   常盤貴子 北村一輝 緒形直人 谷田歩 佐藤二朗
   田中美里 前田亜季 /三田佳子/ 橋爪功 中村敦夫
監督:杉田成道
脚本:杉田成道 小林政広
音楽:加古隆
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)足立弘平(松竹)
制作:時代劇専門チャンネル BSフジ 関西テレビ放送 朝日新聞 読売新聞  中日新聞 毎日新聞 産経新聞
   東海テレビ 石川テレビ 鹿児島テレビ KBS京都 テレビ長崎 福井テレビ 
   文藝春秋 リイド社 ぴあ カルチュア・エンタテインメント クオラス 松竹株式会社
上映情報:1月17日(金)より東劇はじめ全国劇場にて期間限定上映中!
放送情報:2月8日(土)よる9時 時代劇専門チャンネルにて放送
     ※上映・放送は2K版となります。
公式サイト:https://www.jidaigeki.com/kikyo/
公式Twitter:https://twitter.com/kikyo_drama

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。