配信元:共同通信PRワイヤー

2020年1月22日(水)

株式会社山野楽器

【山野楽器の音楽教室】2019年下期の人気レッスンランキング TOP10を発表!

◆2019年下期の人気レッスンランキングTOP10 【調査期間】2019.7.1~2019.12.31
[1位]ウクレレ
[2位]サックス
[3位]アコースティックギター
[4位]ドラム
[5位]ピアノ
[6位]ヴァイオリン
[7位]エレキギター
[8位]ヴォーカル
[9位]フルート
[10位]ゴスペル
=====================================================
■調査結果サマリー
今回のランキングでは、第1位が『ウクレレ』でした。
小柄なボディで持ち運びにも適したウクレレはアウトドアのお供にも大人気です。第2位は『サックス」、第3位は『アコースティックギター』でした。また、TVドラマなどの影響から、ヴァイオリンが10月以降に順位を上げました。皆さんのやりたい楽器、コースはありましたか?
=====================================================
【おすすめコース】音楽を楽しむ3ヶ月レッスン
音楽を楽しみたい方にまずは3ヶ月、入会金・施設費が無料でおとくに始められるレッスンです。
「あなたの始めたい」にお応えします。2020年は3ヶ月レッスンで音楽の魅力を体感してみては?
https://www.yamano-music.co.jp/lesson/adult/recommend/detail/102810170810761


【山野楽器 音楽教室 概要】
山野楽器は、1957年より約60年間にわたり、「ヤマハ音楽教室」を中心に、音楽を通じてお子さまの心を育てる音楽教室を運営してまいりました。1998年には、全国に先駆けて、大人の方の趣味ライフを応援する大人のための音楽教室『ヤマノミュージックサロン』を開設。現在では、楽器売場に併設し気軽に学んでいただける『ヤマノミュージックスクール』などを合わせ、首都圏を中心に全国で52教室を展開しております。お子さまから社会人、シニアの方まで、27,000名を超える会員の方が音楽を楽しまれていらっしゃる首都圏最大級の音楽教室です。
https://www.yamano-music.co.jp/lesson/


【株式会社 山野楽器 (YAMANO MUSIC CO.,LTD) 】
銀座4丁目に本社を構える、創業127年を迎えた総合音楽専門店。ピアノやギター、管弦楽器などの楽器全般、楽譜やCDの小売のほか、テイラーギター、リッケンバッカー、コアロハウクレレなどの国内総代理店を務める。
首都圏を中心に、全国42店舗、52教室を運営。
代表取締役社長:山野 政彦
本社: 〒104-0061 東京都中央区銀座4-5-6
創立: 1892年 (明治25年) 4月21日
設立: 1915年 (大正4年) 3月20日
主な事業内容:楽器、楽譜、付属品、輸入楽器などの小売、および卸売
音楽・映像ソフト(CD/DVD/ブルーレイなど)の小売
音楽教室の運営
音楽に関するイベント事業
(ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテストなど)
Wisdom Guitarほか、企画開発商品の販売および卸売
主な海外取り扱いブランド:Taylor Guitars、G&L、Rickenbacker、Hofner、
KoAloha Ukulele、Levy's Leathers、Silverstein ほか
ホームページ: https://www.yamano-music.co.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/yamanomusic/
Twitter: https://twitter.com/yamanomusic
Instagram: https://www.instagram.com/yamano_music/
YouTube: https://www.youtube.com/c/yamanomusic_official

■山野楽器への取材などのお問い合わせ:https://www.yamano-music.co.jp/info/public_inquiry.html
■過去のプレスリリース:https://www.yamano-music.co.jp/company/press-release/

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。