配信元:共同通信PRワイヤー

中国のWuliangyeがニューヨークのタイムズスクエアで中国旧正月を祝う挨拶を送る

AsiaNet 82643 (0134)


【ニューヨーク2020年1月23日PR Newswire=共同通信JBN】中国の酒造大手Wuliangye Yibin Co., Ltd.は、今年1月25日の中国旧正月が始まる前に、ニューヨークのタイムズスクエアにある「China Screen」から全世界の中国人に挨拶を送った。

https://photos.prnasia.com/prnh/20200123/2700713-1

鮮やかな赤と金色の花火を背景に、同社の伝統的なWuliangye(五粮液)白酒はスクリーン上で壮観に見えた。

「世界の交差点」として知られるタイムズスクエアには、毎日50万人が行き交う。

北京から来た学生、ワン・ユアン氏はWuliangyeの新年の挨拶を見て上気した表情で、まるで外国で旧友に出会うようなものだと語った。

中国東部・山東省の省都、済南生まれのリュー・ヤオ氏は、Wuliangyeはいつも新年の味覚の記憶の一部だったと語った。

ニューヨーク在住のジム氏は、中国の旧正月はすべての中国人を結び付けているように見えたと語った。同氏はまた、中国の白酒に興味を持っており、すぐに飲んでみたいと思う、と述べた。

2020年は中国人にとりネズミ年である。干支の先頭として、ネズミは新しいサイクルの始まりを表している。Wuliangyeによると、新年の挨拶を送ることにより、Wuliangyeはまた、その調和の文化と中国の白酒の魅力を世界と共有した。

Wuliangyeは新年の挨拶で、Dubai World Expo 2020中国パビリオンの公式パートナーとしてのアイデンティティーも共有した。

Wuliangyeによると、同社は公式パートナーとして中国パビリオンでのイベントに不可欠の役割を果たし、他の中国ブランドとともに、世界の共通の発展を促進し、人類の未来を共有するコミュニティーを構築し、美しいグローバルビレッジを創出する中国の取り組みを世界と共有する。

近年、Wuliangyeは政治、経済、文化の分野での重要なグローバルイベントに頻繁に登場し、海外の友人が中国の伝統文化、特に白酒文化を理解するための重要な手段となってきた。

同社は、調和と美しさを共有するという概念を維持し、共有される未来の酒類コミュニティーの発展を擁護し、世界のすべての関係者との共通の発展と友好的交流を促進すると述べた。

ソース:Wuliangye Yibin Co., Ltd.

画像添付リンク:http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=356372
(写真説明:今年1月25日の中国旧正月が始まる前に、Wuliangyeがニューヨークのタイムズスクエアにある「China Screen」に出現)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。