配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 82672 (0143)

 
【プリンストン(米ニュージャージー州)2020年1月28日PR Newswire=共同通信JBN】
*シリアライゼーションラインはTakeda Pharmaceutical International AG向け

ブランド保護とデジタル製品認証の世界的テクノロジーリーダーであるSystech(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=3503034443&u=https%3A%2F%2Fwww.systechone.com%2Fsolutions%2Fbrand-protection-anti-counterfeiting-anti-diversion%2F&a=Systech">https://www.systechone.com/solutions/brand-protection-anti-counterfeiting-anti-diversion/">https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=3503034443&u=https%3A%2F%2Fwww.systechone.com%2Fsolutions%2Fbrand-protection-anti-counterfeiting-anti-diversion%2F&a=Systech )は28日、ロシアの新しい医薬品シリアライゼーション規制を満たすためのタケダ(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=680257020&u=https%3A%2F%2Fwww.takeda.com%2Fen-us%2F&a=Takeda">https://www.takeda.com/en-us/">https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=680257020&u=https%3A%2F%2Fwww.takeda.com%2Fen-us%2F&a=Takeda )向けシリアライゼーションラインのアップグレードにこのほど成功したと発表した。ロシア連邦の医薬品ラベリングシステム(暗号化シリアライゼーション・トレーシングシステム)の最初の期限は2019年10月1日だった。高コストの疾病分類学グループ7製品を対象とする医薬品のパッケージは、これらロシア固有の技術ガイドラインに従ってシリアライゼーションする必要があった。ロシアの新しい規制に従い、タケダのシリアライゼーションラインの一部が10月1日の期限を順守することが義務付けられた。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/461585/Systech_Logo.jpg

">https://prnewswire2-a.akamaihd.net/p/1893751/sp/189375100/thumbnail/entry_id/1_njnb1oqb/def_height/400/def_width/400/version/100031/type/1">https://mma.prnewswire.com/media/461585/Systech_Logo.jpg

ロシアのシリアライゼーション規制(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=3135267045&u=https%3A%2F%2Fblog.systechone.com%2Fblog%2Frussia-the-deadlines-are-almost-upon-us-and-the-clock-keeps-ticking&a=Russian+serialization+regulations">https://blog.systechone.com/blog/russia-the-deadlines-are-almost-upon-us-and-the-clock-keeps-ticking">https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=3135267045&u=https%3A%2F%2Fblog.systechone.com%2Fblog%2Frussia-the-deadlines-are-almost-upon-us-and-the-clock-keeps-ticking&a=Russian+serialization+regulations )に関する1つの重要な課題は、暗号化コードの使用を規定する新しい医薬品ラベル要件である。これにより、タケダのシリアライゼーション情報システムの識別子の印刷と構成に関する技術要件が劇的に変わった。これらの変更には、すべての包装ラインビジョンおよび印刷機器をレビューし、新しい暗号コードデータマトリックスでバーコードを印刷・検証できることを確認することも必要とされた。これは、タケダがプリンターとビジョン機器の標準化に大きく注力したことから、比較的短期間で達成された。

タケダは長年の顧客であり、Systechと緊密に連携して、10月1日の期限に間に合うようにシリアライゼーションラインをアップグレードした。タケダは、この新規制の影響を受ける5カ国に合計25のSystechシリアライゼーションラインを有している。

Systechのデービッド・ドジァン製品管理・戦略担当上級副社長は「これはSystechが満たす攻めのスケジュールだったし、われわれは2019年初めにタケダと協力して各ラインのニーズを評価し始めた。途中で多くのスピードバンプにぶつかったが、タケダは現在、最初の商用暗号コードバッチを作成し、それらを完全なサプライチェーン全体でロシア政府データベース(CRPT)に報告する上で、疑うべくもない先駆者である」と語った。

タケダのシリアライゼーション・デジタルイネーブリングリードのマイケル・リッター氏は「これは、Systechのグローバルリーチとシリアライゼーション(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=2472670826&u=https%3A%2F%2Fwww.systechone.com%2Fproduct%2Fserialization-regulatory-compliance-uniseries%2F&a=serialization">https://www.systechone.com/product/serialization-regulatory-compliance-uniseries/">https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=2703080-1&h=2472670826&u=https%3A%2F%2Fwww.systechone.com%2Fproduct%2Fserialization-regulatory-compliance-uniseries%2F&a=serialization )の専門知識を証明するもので、これが世界に分散した多数のシリアライゼーションラインをこの期間内にアップグレードし、稼働させたのだ」と語った。

▽Systechについて
Systechは、偽造に対処し、製品流用を防止し、規制順守を満たすためのデジタル製品認証およびトレーサビリティーソリューションを提供している。数十年にわたる製薬シリアライゼーションのリーダーとしての経験を土台として構築された当社の包括的なブランド保護スイートは、サプライチェーンの脅威と戦うために必要なリアルタイムのインサイト、実用的な製品データ、デジタル・コネクティビティー、消費者エンゲージメント機能を提供している。さまざまな業界のグローバルブランドは、製造段階から消費者の手元にわたるまで、ブランド製品の真正・安全・連携を保持するため、当社に依存している。われわれは、ブランド保護に革命を起こしている!詳細な情報はhttps://www.systechone.com">https://www.systechone.com/">https://www.systechone.com を参照。

▽メディア関係問い合わせ先
Jefferson Barr, VP Marketing
+1 609-235-8446
Jefferson.barr@systechone.com

ソース:Systech International

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。