配信元:共同通信PRワイヤー

2020年2月14日

山万株式会社

山万ユーカリが丘線「2ならびの日 記念入場券」発売します。
~2020年(令和2年)2月22日の「2」ならびの日を記念して~

ユーカリが丘を開発する街づくり企業・山万株式会社(本社:東京都中央区日本橋小網町6番1号 以下「山万」)が運営する新交通システム「山万ユーカリが丘線」(以下「ユーカリが丘線」)では、2020年(令和2年)2月22日の「2」ならびの日に記念入場券の発売をします。

この日は、和暦・西暦ともに「2」の並ぶとても珍しい日付となっています。
また、ユーカリが丘線は「2」という数字と深いつながりを持っており、「2」にまつわるエピソードをこの記念入場券の裏面でご紹介いたします。

販売の詳細について
 2020年(令和2年)2月22日 9:00より販売を開始します。
 販売場所:山万ユーカリが丘線 ユーカリが丘駅
 販売数:限定300セット
 販売金額:400円

 同時に、ユーカリが丘線の新しい公式グッズの販売を予定しています。

【参考:「ユーカリが丘」概要】
 1971年に開発が開始された、千葉県佐倉市に立地する総開発面積245ha(計画総人口約3万人)のニュータウンで、山万株式会社が開発を手掛けています。「自然と都市機能が調和した新環境都市」を目指し、京成本線ユーカリが丘駅周辺の住宅・商業一体の超高層立体開発と、新交通システム「山万ユーカリが丘線」の各駅徒歩10分圏内に展開される一戸建平面開発を行っています。(2020年1月末現在人口:18,747人、世帯数:7,619世帯)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。