配信元:共同通信PRワイヤー

2020年2月18日

インパクトジャパン株式会社

あしなが奨学生に向けたリーダーシップ研修をプロボノ提供
―次世代の若者へ人材開発の機会を還流
「リーダーシップ・エコシステム」始動―

 弊社は、「2020年度あしなが海外留学研修」の参加者約30名に対し、対面での体験型リーダーシップ開発研修及び通年での遠隔型学習支援システム(弊社開発モバイルツール:air®)を活用したプログラムをプロボノ提供します。
 病気や災害、自死などで親を亡くした、親が重度障害で働けないなど、厳しい状況環境にありながらも意欲的に学ぼうとする学生を支援するあしなが育英会様の取り組みに共感し、弊社研修事業の売上総利益の一部を寄付するとともに、1年間の海外研修に挑戦する学生向けにリーダーシップ開発を支援します。このような物心両面の支援の取り組みを「リーダーシップ・エコシステム」と名付け、2020年よりスタートしていきます。

【あしなが海外留学研修―渡航前リーダーシップ研修】
■日時:2020年2月22日(土)  08:30~12:00  
■場所:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟(〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1)
■対象者:あしなが奨学生の中から、海外留学研修に選抜された学生約30名
■内 容:他者を巻き込み物事を進めていくリーダーシップについて、体験学習メソッドを用いて学ぶ

【リーダーシップ・エコシステムについて】
 組織・人材開発コンサルティングを展開している弊社が、リーダーシップ研修のコンテンツを学生に向けて、プロボノ*提供します。また、弊社クライアントへ提供している研修事業の売上総利益の1%を、あしなが育英会様に寄付します。それにより、一過性の支援に留まることなく、「現在のリーダーシップ開発」の投資の一部が「未来のリーダーシップ開発」の投資へ還流していくエコシステムとして機能させるというコンセプトから、リーダーシップ・エコシステムと名付けています。

 この取り組みを一助として、困難な状況に置かれているにも関わらず、意欲を持った若者が一人でも多くリーダーシップを発揮することに繋がり、結果として日本の市場が活性化することになれば、より大きな意味でのエコシステムとなるのではないかと考えています。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/202002176892-O1-2JiaVF84
*プロボノ:各分野の専門家が、自分の専門知識やスキル・経験を生かして無償で社会貢献する活動。ラテン語で「公共善のために」を意味する 「pro bono publico」 が由来。


インパクトジャパンについて】
 1980年イギリス発祥の体験型研修会社の日本法人。企業向けリーダーシップ開発やチーム開発、マネジメント研修を提供。企業理念は「働きがいのある組織を作る」。感覚的理解を促進する独自の体験学習メソッドを特徴とし、グローバルではGoogle、SONY、TOYOTAにも研修を提供、国連グローバルコンパクトにも署名し「サステイナブル・イノベーション」をテーマに活動。日本でも、グローバル企業から国内大手企業に至るまで多種多様な企業と共に、組織の課題解決能力の向上に努める。

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。