配信元:@Press


奥入瀬渓流沿いに建つ唯一のリゾートホテル「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」では、2020年5月7日に、新緑の渓流沿いで朝食を楽しむプログラム「渓流で朝食を」が新登場します。渓流沿いでフレンチレストラン「Sonore(ソノール)」のシェフが監修した朝食メニューが楽しめる、1日1組限定のプログラムです。芽吹く新緑に囲まれながら、さわやかな朝のひとときを過ごすことができます。


画像 : https://newscast.jp/attachments/44aoSOoObeTGQdPb5Bxu.jpg


背景


当館は奥入瀬渓流沿いに位置し、四季折々の自然を楽しめるように、渓流の名所やその季節にしか見られない景色を案内するさまざまなプログラムを開催しています。雪解けが終わり、春が奥入瀬渓流に訪れるのは5月初旬です。森が眠りから目覚め、木々が次々と芽吹きはじめ、鳥たちのさえずりも響き渡ります。奥入瀬渓流の春を、いち早く感じていただくため、渓流沿いで朝食を楽しむプログラム「渓流で朝食を」を考案しました。



新緑の渓流沿いで楽しむ朝食


画像 : https://newscast.jp/attachments/vwsb4AJzrDBMLXbq2pLd.jpg


奥入瀬渓流の中流には、迫力ある激しい流れが印象的な「阿修羅の流れ(あしゅらのながれ)」や、高さ20mの「雲井の滝(くもいのたき)」などの見所が集中しています。当プログラムでは、1日1組限定で、奥入瀬渓流がもっとも光り輝く早朝に、中流のスポットへ案内します。約20分の渓流散策の後、渓流の傍らで朝食を提供します。新緑の森の中で渓流のせせらぎと木々のそよぎを感じながら朝食を味わえる、日常ではできない体験です。
食事は、当館のフレンチレストラン「Sonore」のシェフが監修したメニューです。山菜、ヒメマス、シャモを使用した3種類のサンドイッチと、野菜たっぷりのスープピストゥ(*1)で、春の味わいを楽しむことができます。ひんやりした春の朝に、体の芯から温まる食事で、新しい一日を迎えられます。
*1:フランス南部の家庭料理で、バジルのペーストでアクセントを加えた野菜スープ。


スケジュール例


6:50    集合
7:00    渓流シャトルバスでホテルから出発
7:17    雲井の滝にて下車
7:17~7:35 早朝の渓流散策
7:35~8:25 渓流沿いで朝食を楽しむ
8:25    渓流シャトルバスに乗車
8:45    ホテルに到着


「渓流で朝食を」概要


期間      :2020年5月7日~31日
料金      :1名6,000円(税別)
含まれるもの  :ホテルから実施場所までの往復送迎、朝食
予約      :ホームページ(https://www.oirase-keiryuu.jp/)にて1週間前までに予約
場所      :奥入瀬渓流周辺
時間      :6:50~8:45
定員      :1日1組限定(1組6名まで)
最少催行人数  :2名
対象      :宿泊者
備考      :荒天時はプログラムが中止になる場合があります。


フレンチレストラン「Sonore」概要



画像 : https://newscast.jp/attachments/EYJR3aIm4s7VRCojdzHq.jpg


2019年7月にオープンした、奥入瀬渓流の自然の中で、品格ある料理と銘醸ワインが堪能できるフレンチレストラン。渓流を望むテラスで食前酒とおつまみを楽しむ「アペロ」と、伝統に敬意を払いながらも洗練された料理「グランドキュイジーヌ」、世界中から厳選された銘醸ワインを、自然を感じる空間で、ゆっくりと楽しむことができます。


星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル


日本屈指の景勝地・奥入瀬渓流のほとりに建つ唯一のホテル。八甲田から湧き出る温泉の露天風呂や、岡本太郎の巨大暖炉があるロビーが癒しの空間を醸し出す。奥入瀬渓流が作り出す上質な空間を滞在を通して演出いたします。
〒034-0398 青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231/客室数 187室
https://www.oirase-keiryuu.jp/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。