配信元:@Press

業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う“不動産の達人”株式会社さくら事務所(所在地:東京都渋谷区/社長:大西 倫加)は、偉人の記念日に連載する『おせっかいホームインスペクション(住宅診断、以下HI)~夏目漱石編~』を2月21日にホームページで公開します。
https://www.sakurajimusyo.com/guide/24348/

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/205977/LL_img_205977_1.png
おせっかいホームインスペクション ~夏目漱石編~

1867年2月9日、江戸の牛込馬場下横町(現在の東京都新宿区喜久井町)で誕生した夏目漱石。それから44年後の1911(明治44)年の2月21日、文部省より作家・夏目漱石に文学博士の称号を贈ると伝えたことに対して、漱石が「自分に肩書きは必要ない」と辞退する旨の手紙を書き、送ったとされていることから、2月21日が「漱石の日」という記念日になりました。
文豪・夏目漱石の人となりが伝わるそんな記念日と、2月22日(ニャン・ニャン・ニャン)の猫の日にちなみ、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング・ホームインスペクション(住宅診断)、マンション管理組合向けコンサルティングを行う“不動産の達人”株式会社さくら事務所は、偉人の記念日に連載する『おせっかいホームインスペクション(住宅診断)~夏目漱石編~( https://www.sakurajimusyo.com/guide/24348/ )』を公開します。様々なタイプのホームインスペクター(住宅診断士)がいる当社。その一人、ミラクル・ホームインスペクター 御摂家院 スペク太(仮名)は空想の世界で歴史上の偉人にHIを依頼されてしまうというぶっとんだ人物。その御摂家院 スペク太の元に、夏目漱石が訪ねてくる、というストーリー。
実際に現場調査する前に、建物の写真や図面を拝見して行う「たてもの相談( https://www.sakurajimusyo.com/expert/consultation.php )」を二人の軽妙なやりとりでお楽しみいただきながら、御摂家院 スペク太の診断内容を通じて、当社の「たてもの診断」サービスをより多くの皆様に知っていただき、お気軽にご利用いただきたいと考えております。


■『おせっかいホームインスペクション ~夏目漱石編~』概要
【公開日】
2020年2月21日(金)~

【ストーリー】
さくら事務所には様々なタイプの敏腕プロホームインスペクター(住宅診断士)がいます。その一人、空想の世界で歴史上の偉人にホームインスペクション(住宅診断)を依頼されてしまう、というぶっとんだミラクル・ホームインスペクター 御摂家院 スペク太の元に訪れたのは、2月9日 44歳の生誕月に文学博士という称号を見事に蹴った夏目漱石様。
漱石様はイギリス留学から帰国後の明治36年から3年間住まわれたという旧居をHIして欲しいと御摂家院 スペク太にご相談にいらしてくださったようです。さて、その結果やいかに……。

これからも歴史上の偉人が相談に!?
https://www.sakurajimusyo.com/guide/24348/
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/205977/LL_img_205977_2.png
夏目漱石 旧居跡

■不動産の達人 株式会社さくら事務所(東京都渋谷区/代表取締役社長:大西 倫加)
https://www.sakurajimusyo.com/
株式会社さくら事務所は「人と不動産のより幸せな関係を追求し、豊かで美しい社会を次世代に手渡すこと」を理念として活動する、業界初の個人向け総合不動産コンサルティング企業です。1999年、不動産コンサルタント長嶋修が設立。第三者性を堅持した立場から、利害にとらわれない住宅診断(ホームインスペクション)やマンション管理組合向けコンサルティング、不動産購入に関する様々なアドバイスを行なう「不動産の達人サービス」を提供、47,000組を超える実績を持っています。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。