配信元:共同通信PRワイヤー

ZTEが新しい1U 5G IPRAMオールインターフェース製品を発表

AsiaNet 82992 (0275)

【深セン(中国)2020年2月24日PR Newswire=共同通信JBN】モバイルインターネット向けの通信、エンタープライズおよび消費者技術ソリューションの大手国際プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は24日、コンパクトでインテリジェントな新しい5G IPRANアクセスデバイス、ZXCTN 6120H-Cの発売を発表した。

この1Uサイズのデバイスは奥行き300 mmの標準的なキャビネットに設置でき、25GE/50GE/100GEのさまざまなインターフェースを提供する。最大320Gの片方向スイッチング能力により、マイクロ秒レベルの超低フォワーディングレイテンシーと「3A」の超高精度な時間同期をサポートするため、機器のルームスペースが小さくて供給電力が不十分な状況の中、オペレーターが低コストで5Gトランスポートネットワークを効率的に展開することを支援する際に特に適している。

この新しい5G IPRANアクセスレイヤー製品は25GE/50GE/100GEのインターフェースをサポートし、5Gのフルライフサイクル要件に適合している。その片方向スイッチング能力は320Gbpsに達し、5G時代のユーザーの大容量アクセス要件を満たすことが可能だ。

このデバイスはFlexEテクノロジーをサポートするため、マイクロ秒レベルのデータフォワーディング・レイテンシーであるL1スライシングチャンネルが実現し、低レイテンシーと信頼性の高いサービスに向けてハードスライスを提供する。また、それに加えてSRをサポートする。ZTEの中核的なインハウス・チップセットをベースに、そのスタック深度は業界最高レベルの10レイヤーに及ぶ。

また、ZTEが自社開発した超高精度「3A(Accurate Time Source、Advanced Time Stamp、Self-Adaptive Time Algorithm)」の時間同期もサポートし、屋内での高精度位置サービスと屋外でのシームレスな位置サービスをサポートする。高さが僅か1Uで奥行きが270 mmなので、小型、軽量そして簡単な設置というメリットがある。そのため、このデバイスは厳しい建設条件、小さなスペース、予算的な制約というシナリオにおいて、オペレーターにとってのより良い選択となる。

ZTEは、高度な通信システム、モバイルデバイス、エンタープライズテクノロジーソリューションを消費者、オペレーター、企業、公共セクターの顧客に提供するプロバイダーである。ZTEの戦略の一環として、同社は通信と情報技術のセクターが融合するのに伴い、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、卓越性と価値を生み出している。香港および深センの証券取引所に上場(H株コード:0763.HK/A株コード:000063.SZ)するZTEは、160カ国以上で製品とサービスを提供している。

▽メディア関係問い合わせ先
Margaret Ma
ZTE Corporation
Tel: +86 755 26775189
Email: ma.gaili@zte.com.cn

ソース:ZTE Corporation

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。