配信元:@Press

「高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校(R)。」を掲げる広域通信制・屋久島おおぞら高等学校の指定サポート校・KTCおおぞら高等学院(本部:名古屋市、学院長:小林英仁)の広島キャンパスでは、2/29(土)10:00より同キャンパスにて、「みらいの架け橋レッスン発表会」を開催します。

【プログラム(一部抜粋)】下記以外にさまざまなプログラムをご用意しています!
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206477/table_206477_1.jpg

「みらいの架け橋レッスン(R)」は当学院のオリジナル授業で、キャリア教育の一環として実施しており、生徒一人ひとりが新しい自分の可能性に出会うための体験型レッスンとしてさまざまなジャンルのレッスンを自由に受講できるものです。今回は、その一年間の成果を発表する場として、ダンスやバンドなどのステージ発表はもちろんのこと、ご家族で参加可能なお楽しみ企画や体験ブースを設置するなど、日常の学習活動の発表の場となるように、また楽しみ方の幅を広げたイベントとなるように生徒主体で行います。

通信制高校に通う理由はさまざまと思いますが、本学院には、コミュニケーションが苦手で、極端に他者との関わりを避けようとし、自分の気持ちを我慢した結果、本学院に転校してきた生徒も少なくありません。参加する生徒は、不登校をはじめ、さまざまな経験があるものもおり、中には学校行事を経験したことのない生徒もいます。よって、このイベントが初めての体験となる生徒や日常の学習活動の発表となる生徒など、個々にそれぞれの目標をもち参加する事となります。
この経験を通じて、高校生活の思い出作りはもちろんのこと、次のステージに向けての「積極性」「主体性」「協調性」を養い、自分は一人ではないということや、だからこそ誰かのために行動を起こす大切さに気づき、生徒自身の自己肯定、存在意義を実感できるよう、またイベントに参加する生徒や保護者などと関わり認め合う事で社会進出のきっかけになるよう活動します。

お忙しいところ恐縮ではございますが、ぜひご取材賜りたくご案内申し上げます。

KTCおおぞら高等学院
2002年設立。学校法人KTC学園 通信制屋久島おおぞら高等学校と連携し、高校生活と夢の両立をめざす生徒たちが、全国42キャンパスに8,000名在籍し、卒業生30,000名超を輩出した通信生高校サポート校。「高卒資格がゴールじゃない。なりたい大人になるための学校(R)。」として、生徒たちが、一人ひとりの「なりたい大人」像を伸び伸びと描いていけるような体験や学びに重きを置いた教育を実践しています。

【実施概要】
日 時 : 令和2年2月29日(土) 10:00~14:00
場 所 : KTCおおぞら高等学院 広島キャンパス
広島市中区橋本町3-16エイワビル
URL : https://www.ktc-school.com/campus/hiroshima/
内 容 : ネイルやイラストなどの作品展示やバンドやダンス、ボクシングなどのステージ発表


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。