配信元:@Press

株式会社スリーサークル(本社:北海道札幌市、代表取締役:三輪 貴寛)は、『競走馬の馬糞と日高昆布と鰹節』の混合堆肥で作る長いアスパラガス『うまぶしアスパラ』をクラウドファンディングMakuakeで先行予約販売を開始します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206478/LL_img_206478_1.png
クラウドファンディング TOP

●Makuake プロジェクトページ
https://www.makuake.com/project/sobasakuraoodoori/

株式会社スリーサークルでは北海道日高町でサラブレットの馬糞と日高昆布、鰹節を惜しむことなく存分に使用した希少な混合堆肥をベースに、市販品と比べると約5cm程長いアスパラ作りをしています。

通常、スーパー等で売られる一般的な市販品のアスパラの規格は25cm程度ですが、栄養価の高い馬堆肥と日高昆布、鰹節の相乗効果も手伝い30cmの長さを超えられます。本年度にようやく待望の初出荷ができることとなり、クラウドファンディングMakuakeで先行予約販売を開始します。

競走馬“サラブレット”の馬糞は、牛糞や鶏糞などと比べても栄養価が高く手に入りにくいため、高価で流通しており、とても価値があります。しかし、その馬糞が手に入りやす馬産地日高町で生産することにより他社製品との差別化を図ります。

また、競走馬のサラブレットはドーピング検査に備えて薬品使用量が極めて少ないこと、そして、何より通常の馬より食生活やトレーニングで気を使われているため健康状態が良いことなどから、馬糞堆肥をふんだんに使用したうまぶしアスパラは『安全』『ヘルシー』な農産品として消費者様へ十分な担保をアプローチができます。

日高昆布と鰹節の混合肥料ですが、窒素とリン酸に富んだアミノ酸肥料として使用しています。鰹節は旨味成分であるイノシン酸のほか、たんぱく質が多く、そのたんぱく質がアミノ酸となります。甘味成分の元となるアミノ酸が、直接根から取り入れられるため、栽培に鰹節を使うことでアスパラが柔らかく、甘くなることが期待できます。また、昆布は旨味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれています。この和風出汁の肥料は、市販品としては全国的にも新しい試みとなりそうです。

通常であれば、廃棄してしまう一番出汁殻の日高昆布と鰹節とサラブレットの馬糞。これらを有機的に活用することで、環境に優しい循環型農業の実践者として、日高町の地域ブランディングに貢献していきます。


【生産者情報】
会社名 : 株式会社スリーサークル
代表者 : 代表取締役 三輪 貴寛
事業概要: 北海道札幌市でレストラン事業(4店舗)を中核とし、
農業・貿易業(台湾現地法人設立)・不動産業を展開しております。
URL : http://three-circle.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。