配信元:DreamNews

ジュニアアスリートをサポートするサプリメントブランド「SENOBIRU」を展開する株式会社エメトレ(本社:東京都中央区 代表:千明哲治)は、2020年2月17日よりバドミントン男子シングルス・日本B代表の奈良岡功大選手(浪岡高校・青森県・高3)が、トップジュニアアスリートの夢の実現をサポートするプログラム「チームセノビル」の新たなメンバーとして加入したことをお知らせ致します。

■奈良岡功大選手について
5歳の時にバドミントン指導者である父・奈良岡浩さんが指導を務めているバドミントンジュニアチーム「浪岡ジュニアバドミントンクラブ」でバドミントンを始め、ジュニアバドミントンの国内大会で数々の記録を打ち立て、大きな注目を集めてきました。
2016年~2018年、2020年にはナショナルチーム日本B代表メンバーに選出され、2018年ユース五輪で銅メダル、世界ジュニア選手権で銀メダルを獲得するなど国際大会でも上位入賞の成績を収めており、国内の若手バドミントンプレーヤーで最も注目を集めている選手の一人です。

SENOBIRUでは以前より、お父様の浩さんが指導を務めている「浪岡ジュニアバドミントンクラブ」を通してサポートをさせて頂いておりましたが、この度奈良岡選手が正式にチームセノビルに加入する運びとなりました。
高校を卒業後は日本大学スポーツ科学部に進学され、「オリンピックで金メダルを取り、世界一になる」という夢に向かって新たなスタート一歩を踏み出す奈良岡選手のこれからの活動を、SENOBIRUではサポートして参ります。

■奈良岡選手の主な戦績(特に記載のないものはシングルス部門での戦績)

小学生時代
「全国小学生ABCバドミントン選手権大会」5連覇(2009~2013)
「全国小学生バドミントン選手権大会」3連覇(2011~2013)

中学生時代
「全国中学校バドミントン大会」3連覇(2014~2016)
「全日本総合バドミントン選手権」史上最年少となる13歳で出場し、1回戦突破(2014)
「全日本ジュニアバドミントン選手権大会」史上最年少優勝(2016)

高校生時代
「全日本総合バドミントン選手権」ベスト8進出(2019)
「高校総体(インターハイ)」高校1年時、高校2年時で準優勝、高校3年時優勝(2017~2019)
「全国高校選抜バドミントン大会」高校2年、高校3年時はシングルスで2年連続優勝、高校3年時はシングルス・ダブルス・団体で優勝し3冠達成(2018、2019)
「第3回ブエノスアイレスユースオリンピック」銅メダル(2018)
「世界ジュニアバドミントン選手権大会」銀メダル(2018)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000210728&id=bodyimage1


■SENOBIRUについて
「SENOBIRU」ではお子さまの成長をサポートするアルギニンを高配合したサプリメント「DR.SENOBIRU」の販売や、スポーツチームのスポンサード、未来のオリンピック代表やプロアスリートを目指す子どもたちの夢の実現を応援するプログラム「チームセノビル」など、高みを目指す未来のアスリートを応援する様々な活動を展開しています。

■未来のトップアスリートを応援するプログラム「チームセノビル」
チームセノビルは、成長期のお子さまをサポートするサプリメントブランド「SENOBIRU」が、ジュニアアスリートの夢の実現を応援するプログラムです。
奈良岡選手をはじめ、未来のオリンピックメダリストやプロアスリートを目指す子どもたちの夢の実現を、サプリメントの提供や選手のプロモーション支援・コミュニティづくり等を通してサポートしています。

【SENOBIRU公式ページ】
奈良岡功大選手
https://senobiru.com/sponsor/team-senobiru/koudai-naraoka/

■株式会社エメトレ会社概要
商号  :株式会社エメトレ
所在地 :東京都中央区八丁堀4-11-4 八丁堀フロント5階
代表者 :代表取締役 千明 哲治
設立  :2014年2月
資本金 :999万円
事業内容:サプリメントの製造・販売、Webメディアの制作・運営



配信元企業:株式会社エメトレ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ


徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。