配信元:@Press

民泊・簡易宿所・旅館といったさまざまな投資用案件の設計/建築経験を持つ建設会社、株式会社Licre Home(本社:東京都文京区、代表取締役:新倉 ひとみ、以下 当社)と、全国11都道府県で宿泊施設の運営を展開するカソク株式会社(本社東京都新宿区、代表取締役:新井 恵介)は、不動産投資にご興味のある投資家様を対象に、「民泊新法に縛られない!新しいホテルの形を提案するインバウンド投資セミナー」を3月8日(日)・3月28日(土)に渋谷ヒカリエにて開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/206702/LL_img_206702_1.png
ミニホテル写真1

お申込みはコチラ: http://minpakuhotel.com/


現在日本では、訪日外国人数が半年で約1,660万人を突破する程、急拡大しています。そんな中、インバウンド投資として注目を集めてきたのが民泊です。
しかし、現在の民泊新法では180日しか運営する事ができず、収益の確保が困難でした。そこで、新たに注目されているのが、正式な旅館業の許認可を取った365日運営可能な「訪日客向けの、ミニホテル」です。
「訪日客向けの、ミニホテル」とは、増加し続ける訪日客の宿泊需要を捉えた、インバウンド投資物件であり、建築コストや建物の大きさは、一般的なアパート1棟を建築する場合と同程度です。

また将来、用途変更を行いアパートへと転用する可能性も視野に入れて設計/施工を行う事も可能です。

365日運営可能なインバウンド投資、そして、将来アパートに転用可能な設計/施工を実現するのが、当社の「訪日客向けミニホテル」です。

投資をご検討されている方はぜひ「民泊新法に縛られない!新しいホテルの形を提案するインバウンド投資セミナー」へお越しください。


■セミナー概要
開催日 : 2020年3月8日(日)、3月28日(土)
時間 : 14:00~16:00(13:30開場)
投資対象 : 1棟ホテル
テーマ : 物件購入
会場 : 渋谷ヒカリエ11階 HIKARIEカンファレンス
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2丁目21-1
定員 : 10名
参加費用 : 無料
お申込みはコチラ: http://minpakuhotel.com/

<アクセス>
●東京メトロ銀座線 渋谷駅 徒歩3分
●JR線 渋谷駅 東口 徒歩3分
●東京メトロ半蔵門線 渋谷駅 15番出口 徒歩3分
●東京メトロ副都心線 渋谷駅 15番出口 徒歩3分


■株式会社Licre Home 会社概要
投資用案件専門会社として、建設会社の代表が2013年9月に新規法人を設立。
お客様の大事な資産をともに、創り上げる覚悟(Life Create)を社名に掲げ、“建設”を通じて、お客様の資産経営を実現します。

建設会社 : 株式会社Licre Home
所在地 : 〒112-0013 東京都文京区音羽1-23-15
代表者 : 代表取締役 新倉 ひとみ
代表電話 : 03-6902-1018
URL : http://licrehome.net/about/
設立 : 2013年9月(投資用案件専門会社として、新規設立)
資本金 : 30,000,000円(平成28年4月に増資)
許可・登録: 宅地建物取引業 東京都知事(1) 第103210号
建設業許可 東京都知事 許可(特-26) 第142957号
一級建築士事務所 東京都知事 第62226号
事業内容 : 注文住宅事業、分譲住宅事業、リフォーム事業、店舗・内装事業、
ホテル運営一括サポート業務、ホテル用地取得サポート業務

運営会社 : カソク株式会社
所在地 : 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-1-2 TOHMA高田馬場3階
代表者 : 代表取締役社長 新井 恵介
代表電話 : 03-6273-9301
URL : https://www.kasoku.co.jp/
設立 : 2015年6月
資本金 : 10,000,000円
事業内容 : 民泊の企画・運営事業、マンスリーマンションの企画・運営事業、
旅館ホテルの企画・運営事業、簡易宿所の企画・運営事業、
インテリアデザイン事業、物品の製造・卸し・小売り事業


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。