配信元:共同通信PRワイヤー

2020年2月29日
公益財団法人日本セーリング連盟 オリンピック強化委員会

 
【動画:https://videos.kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M105911/202002297500/_prw_PM1fl_gpsPi3TC.mp4

東京オリンピック2020 RS:X級女子の日本代表に、須長由季(ミキハウス)が2月29日、内定しました。

■内定の経過
須長由季(スナガ ユキ)は2月29日に終了したRS:X級世界選手権(オーストラリア・ソレント)で21位となりました。この結果、日本セーリング連盟が定めた規定をクリアし、日本代表選手として選考されました。

この後、同連盟理事会の承認を経て、日本オリンピック委員会(JOC)に推薦され、JOCの承認により正式決定となります。

■選手プロフィール
プレスサイト上の添付ファイルをご参照ください。

■選手のコメント

須長由季
「長かった1年。この1年も長かったし、この1週間も長かった。終わってホッとしています」

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202002297500-O1-a6694lJb
2月29日、最終レース前の須長選手(写真:日本セーリング連盟)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。