配信元:共同通信PRワイヤー

20200330

一般社団法人 九州観光推進機構

【プレスリリース】RWC2019で九州を訪れた外国人旅行者への満足度調査

一般社団法人 九州観光推進機構(会長:石原進、以下当機構)は、ラグビーワールドカップ 2019(以下、 RWC2019)で九州を訪れた訪日外国人旅行者への満足度調査を実施しましたので、ご報告させていただきます。

<主な調査結果(サマリー)>
■試合が開催された会場県(福岡・熊本・大分県)以外にも一定数の旅行者が訪問(42.3%)。 RWC2019 の効果は九州全体にあったと考えられる。
会場でのアンケート調査に回答した方による各県の訪問状況は、福岡県 80.1%、大分県 77.6%、熊本県 56.6%、長崎県 22.4%、鹿児島県 16.2%、宮崎県 10.4%、佐賀県 9.5%の順であった。

■九州への訪問前の印象では「山・火山が多い」、訪問後の印象では「人が親切」を挙げた人の割合 が最も高かった。
・旅行後の印象では「人が親切」「山・火山が多い」 「温泉が豊富」「リラックスできる」「歴史的な観光スポッ トが多い」の順に多かった。  
・「特にイメージはない」人の割合が訪問後は大幅に 下がっており、ラグビーW 杯をきっかけとした今回の九 州旅行実施が九州のイメージの醸成につながっている ことが調査結果からも読み取れる。

■九州の満足度は平均「4.58 点」、他地域と比較しても高評価。
RWC の九州旅行における九州の満足度について、6 割以上の旅行者が最高評価の「5 点」と回答し、九州への旅行 で高い満足度が得られたことが明らかに。日本国内の他エリアとの比較でも8 割近くの旅行者が相対的に良いとする「4 点」以上のスコアで、他エリアと比較しても高い評価を得られた。

■旅行者の満足につながったポイントは
「人」「自然」「食事」
旅行者に訪問した中で満足した推薦したいスポ ットの選定理由として「現地の人々の対応が良 かった」「自然の景観や雰囲気が素晴らしかっ た」「食事が美味しかった」の 3 項目は全回答 者のうち半数以上が挙げており、欧米豪からの 旅行者に対する訴求ポイントとしてはこの 3 点 が重要と思われる。

■8 割以上が「また来たい」と回答、東京五輪開催時にも誘客のチャンスあり ・九州への再訪問意向を尋ねる質問において、アンケートの回答者のうち 8 割以上の旅行者が「絶対来たい」「来たい」 のいずれかに回答。九州への再訪問意向の醸成につながっている。 ・2020 年夏の東京五輪開催時における訪日意向を問う設問では、2 割の旅行者が「来日の予定がある」と回答し、そ のうち 9 割以上の旅行者が九州に「絶対来たい」「来たい」と回答していることから、五輪開催のタイミングも九州への誘 客にとっては十分チャンスがあると考えられる。


■イベント「祭りアイランド九州」も、九州滞在期間の長期化を促した ・RWC2019 会場で回収された「祭りアイランド九州」訪問者と非訪問者で九州の滞在日数を比較したところ、「祭りア イランド九州」訪問者は6.91 日に対し、非訪問者 5.89 日となっており、平均で 1 日長くなっていた。イベントの開催が 観戦客の九州長期滞在を促す結果につながった可能性が考えられる。

■九州に関するソーシャル上の話題量も、 RWC2019 開催期間中に増加 全体で RWC2019 期間中の平均投稿件数はその他の期間を上 回っており、RWC2019 が九州に関する話題量の増加に寄与して いることがソーシャルメディアの投稿量からも明らかになった。

◆調査概要 ●調査手法・調査期間 : 下記 3 つの調査を実施  ①対面アンケート調査(2019 年 9 月 26 日〜10 月 20 日)   ・調査場所:福岡・熊本・大分試合会場周辺、『祭りアイランド九州』会場   ・調査票の回収状況:3 会場で計 1,457 票の有効回答

②SNS データ分析(2019 年 8 月 1 日〜12 月 31 日 5 か月間)   ・①で調査対象とした観光スポット(九州 7 県 36 箇所)について、キーワードを作成。無関係なデータの除外、九 州の各スポットに関して観光や RWC 関連で盛り上がった話題が収集できるようにキーワードを調整の上、データを収 集。  ・調査対象メディア Twitter、Instagram などをはじめとした SNS、ブログサイト、掲示板、その他ツールで収集可能 な全てのデータ  ・調査対象言語  英語・フランス語(地域指定=日本以外の世界各国)

③位置情報データ分析(2019 年 9 月 1 日〜11 月 30 日) ・調査対象とするデータ元:ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)株式会社 “TRAVEL JAPAN Wi-Fi” アプリを 通じて収集された訪日外国人旅行者の GPS データのうち、調査対象期間中に九州を訪れているすべての旅行 者の九州内の位置情報データ  ・調査対象国:アメリカ・イギリス・オーストラリア・その他(欧米豪地域以外からの旅行者も含んだデータ)


詳細な調査レポートは下記サイトに掲示しております。 今後の欧米豪を中心とした誘客活動や受入環境整備、コンテンツ開発の参考にご活用ください。
https://www.welcomekyushu.jp/kaiin/news/detail/919



徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。