配信元:@Press

株式会社アルマジロ(愛知県名古屋市 代表取締役社長:平井 周平)は、2020年4月1日より、サブスク型ホームページ制作運用サービス「プライムプラン」をリニューアルいたします。サービス開始から8年、延べ100社以上のお客様にご利用頂いている「プライムプラン」ですが、2020年4月より、サービス内容をより充実させてリニューアルします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209533/LL_img_209533_1.jpg
プライムプラン画像

プライムプランとは、自社ホームページに関するすべての「お悩み0」を掲げ、ホームページの制作や日々の更新といった運用、公開するためのドメインの管理からウェブサーバーの保守メンテナンス、メールアドレスの新規発行や転送などの各種設定、月次のコンサルティングまでを一式セットで行う今話題のサブスクリプション「月額定額制」のホームページ総合運用サービスです。


【プライムプランの料金体系】
プライムプランの料金体系は基本3つ

基本プランとなる「スタンダード」は55,000円(月額税別)
月一度の対面コンサルティング付きの「プレミアム」が120,000円(月額税別)
ネット広告・販促活動調整までを含んだ「ビジネス」が150,000円(月額税別)

となっており、すべてのプランに「ホームページ制作、運用、更新、サーバー管理、メールアドレス設定代行」など、WEBに関する基本業務をすべて一式で含んでいるのが特徴です。

今回のリニューアルで、今やベーシックとなりつつある「SSL化(暗号化)」の標準装備と、サーバー機能の強化を実施、より安心してご利用いただけるサービスとなっております。


【中小企業のホームページ運用のお悩みを一発解決!サブスクがホームページ制作運用に最適だった!】
大小さまざまな企業様のホームページを担当してきた代表の平井が中小企業のお悩みを0にしたいとの想いから生まれたサービス「プライムプラン」は、今話題のサブスクリプション型のサービスです。サブスクリプションとは、基本的に初期費用が0円で、月額定額制で提供するサービスの総称です。中小企業の多くが「ホームページを制作したけど更新出来ない」「どこか少し直すだけでコストがかかる」「専任の担当者が不在で管理出来ない」などの問題に直面している現状があります。それでもホームページは無くす訳にもいかず、上手く活用出来ている会社様が業績を伸ばしているという事実もございます。
サブスク型のサービスにすることで、「初期にまとまった資金が不要になる」「常にタイムリーな情報更新が行える」「費用は定額の為、お金の事を気にしないでページ改善が出来る」「専任の担当者がいなくても、ページの管理からメールアドレスの設定、不具合時の問題解決まですべてサポートしてくれる」と中小企業の抱える問題を一気に解決することが可能です。


【ウェブサイト(ホームページ)は常に最新の情報に保つこと「更新する事」が全てです。】
ウェブサイトを活用する方法は数多くの手法は日々多くのサイトで取り上げられていますが、すべてに共通することは、「きちんと更新をして最新の情報を提供する」ことこそが全てといえます。
どんなに多額の広告を使ったとしても、その結果誘導されたページの情報が半年も更新されていなかったら、そこで商品を買うでしょうか?
どんなに綺麗で美しいサイトであっても、会社情報や営業情報が古いままだったら融資の担当者はその会社に将来性を感じるでしょうか?
CMSや更新出来る仕組みをもったホームページはたくさんありますが本当に更新出来ていますか?「更新出来ること」が重要なのではなく、「きちんと更新をする事」が重要です。
プライムプランは更新するための仕組みやプログラムをご提供することではなく、お客様と一緒になってビジネスを進めて行くことにあります。

プライムプランの詳細ページ
https://www.armadillo.ne.jp/service/prime/
プライムプランの全てが分かるインタビュー
https://www.armadillo.ne.jp/column/interview/

もご覧下さい。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。