配信元:@Press

電気機器の修理・メンテナンスを主業とする株式会社アイ・ティー・シー(埼玉県さいたま市、代表取締役:太田 聡)は、自社生活家電ブランド「livease(リヴィーズ)」より販売中の2Lペットボトルが使えるスタイリッシュで超小型な「ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー」の累計販売台数が5,500台を突破したことをご報告いたします。
置く場所を選ばない日本最小クラスの超小型サイズとインテリアにも映えるデザイン性で、手軽にご家庭に導入できるウォーターサーバーとして多くのお客様に高評価をいただいております。
・当社サイト商品詳細ページ: https://www.livease.jp/water-server-ws011

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209768/LL_img_209768_1.jpg
1

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年4月1日時点、各地で不要不急の外出自粛要請が継続しております。いつ事態が収束するか分からない状況の中ご家庭で過ごす時間が増えているからこそ、2Lペットボトルの天然水が使用可能な「リヴィーズ ペットボトル式ウォーターサーバー」を、良質の飲料水を手軽に摂るためのツールとしてご利用いただき、毎日の健康管理にお役立ていただきたく思っております。


【製品特徴】
■2Lの飲料水ペットボトルが使用でき、外出しなくても通販などで手軽に入手できます。
水宅配型のレンタルウォーターサーバーと比べ、本製品で使用する水はスーパーやコンビニなどで安価に手に入る2Lの飲料水ボトルです。外出自粛が続く環境でも、通販会社などを利用すれば手軽に水を入手し、ご利用いただけます。

■冷水、熱湯をボタンひとつでいつでも給水
水の摂取不足は熱中症、脳梗塞、心筋梗塞などの健康被害のリスク要因になると言われており、いつでも手軽に摂取できる環境づくりが重要です(参考:「健康のために水を飲もう」推進運動 厚生労働省HP)。冷水を摂取したり、熱湯を利用したり、体を冷やさない白湯づくりも簡単です。冷水温度は冷たすぎず健康的な12~15℃、熱湯温度は85~95℃で管理されています。

■A4サイズ以下の超小型で、設置場所も自由自在
場所を選ばずどこにでも設置できる、極小サイズのボディ設計にこだわりました。場所の問題でウォーターサーバー導入に抵抗があった方でも、炊飯器を設置する程度のスペースがあれば設置できます。メインの大型ウォーターサーバーをお持ちの方でも、サブ機として寝室やお風呂の脱衣所などに気軽に設置していただけます。

■インテリアに映えるモノトーンなスタイリッシュデザイン
どんな場所にも馴染む、シンプルでスタイリッシュなデザイン性にこだわりました。置く場所に合わせて、ホワイト・ブラックの2色よりお選びいただけます。

■2Lのペットボトル飲用水だから、ボトルの交換が簡単
10L以上の重いボトルが一般的なレンタル型と比べ、2Lペットボトルならボトルの入れ替えが軽々できます。


【製品概要】
品名 :ペットボトル式コンパクトウォーターサーバー
ブラック/ホワイト
型式 :WS-011B(ブラック)/WS-011W(ホワイト)
JAN :4589826490081(ブラック)/4589826490074(ホワイト)
希望小売価格 :12,800円(税抜)
電源 :AC100V 50/60hz
消費電力 :熱湯410W、冷水65W
製品寸法 :幅210×奥行225×高さ290(mm)
製品重量 :2.2kg
タンク容量 :熱湯/700ml、冷水/400ml
アダプターコード長:約1.45m
付属品 :取水棒、専用キャップ
保証期間 :1年間
生産国 :中国


【会社概要】
株式会社アイ・ティー・シーは、2003年の創業以来家電や電気機器の修理・メンテナンス・コールセンター等の総合的なアフターサービス業務を提供しております。また、エンジニアの経験を強みとした海外工場での家電の製品開発・生産管理・認証申請代行・輸入実務までを一貫してサポートする、輸入貿易サポートサービスも行っております。

商号 : 株式会社アイ・ティー・シー
代表者 : 太田 聡
所在地 : 〒331-0811 埼玉県さいたま市北区吉野町2-8-4
Tel : 048-871-5884
本社ウェブサイト: http://www.i-t-c.jp/
ブランドサイト : https://www.livease.jp/


掲載されている情報は発表日現在のものです。
ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。