配信元:共同通信PRワイヤー

AsiaNet 83541

チェスタートン社が柔軟性と制御能力を向上させたAXIUS(TM)
プラットフォーム構想に基づいたモデュラーカートリッジシールを発表
新構想のシールが幅広いシール対象流体に現場での素早い解決策を提供

【グローブランド(米マサチューセッツ州)2020年4月7日メディアネット・インターナショナル】

A.W. チェスタートン社は新しい AXIUS(TM) モデュラーシールプラットフォーム構想に基づいた新型のシングルおよびダブルメカニカルシールを発表。これらのモデュラーシールは標準型のシールをベースに摺動面や付加機能を現場に合わせて簡単に変更することができ、アプリケーションに合わせてより素早く経済的にカスタマイズすることが可能な設計となっている。

AXIUS プラットフォーム構想に基づいた最初のメカニカルシールは:

・チェスタートン1810ヘビーデューティーモデュラーシングルカートリッジシール –
オプション追加機能を備えた工場全般で使用できる高性能かつ高信頼性シール。1810はマルチポートフラッシング機能やクエンチ&ドレン口など様々な環境管理オプションを選択することができる設計となっている。

・チェスタートン2810ヘビーデューティーモデュラーダブルカートリッジシール – 2810 は先進の気化漏れ制御能力と安全性を提供。最先端技術の“ディフューザースリーブ”が組み込まれている。これによりバリアー液/バッファー液のシールサポートシステム間の流れパターンが向上し温度制御能力が飛躍的に高まりシール寿命を延長させる設計となっている。これらの技術は最先端のCFD(Computational Fluid Dynamics)およびFEA(Finite Element Analysis)によって開発されている。

エンジニアリング&イノベーション担当副社長ティル・ビーララガバン氏は “これらのモデュラーシールは現場の環境変化に応じて素早くより効果的に対応でき、顧客に新しいレベルでの柔軟性を提供できる設計となっている。これらはプラント全体での利用に適し、極めて厳しい条件向けに設定できる柔軟性があり、より高い信頼性と価値をあらゆるシールユーザーに提供する」と語った。

135年以上にわたり産業界に寄与してきたA.W. Chesterton Companyは、初の商用スプリットシールなど多数の時代を変えるシール解決策を開発してきた。1810と2810は、最新のAXIUSモジュラープラットフォームで提供される最初のシールであり、近い将来、より高い能力とその他のシールが提供される予定である。

Photo: https://chestertonrotating.chesterton.com/en-us/ChestertonImages/axius-banner-hero.jpg

A.W. チェスタートン社
世界100カ国以上で事業展開するChesterton社は、豊富な経験と知識に基づいた流体シール製品、高機能保護コーティング製品、特殊工業用潤滑材や日常メンテナンス製品などの包括的な製品ラインをもとに回転機器、静止機器、油空圧駆動装置用のシール解決策を提供する企業として知られている。

(日本語リリース:クライアント提供)

 

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。