配信元:DreamNews

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212935&id=bodyimage1

ウェブ制作を主要業務とするRaiseAct(レイズアクト・千葉県鎌ヶ谷市)は、制作工数と作業時間を大幅に削減し、無料でホームページ制作を提供するサービス「Pickweb(ピックウェブ)」を4月2日にリリースしました。

本サービスは、ウェブカタログからイメージに合う各ホームページパーツをピックアップするだけの簡単オーダーで、発注者のイメージに沿ったハイクオリティで訴求力のあるホームページを制作します。また、急ぎの要望にも3週間~4週間の短納期で対応することができます。

<Pickweb URL>
https://pick-web.jp/

<無料で簡単に制作オーダーできる「Pickweb」誕生背景について>
無料ホームページ制作サービス「Pickweb」は、「オリジナルのホームページを作りたいけど、フルオーダーは高すぎて手が出ない。」「頭の中にイメージはあるけど、うまく伝えることができない。」や「制作ツールを使った自作ではデザインが貧相だし、テンプレを使った制作ではオリジナリティがなく、他社と被るのも嫌…。」といったホームページを制作する際に発生するお悩みを解消し、作りたいデザインのイメージをクリアにするパーツカタログを用意しました。
お客様は、カタログの中からイメージに合う各ホームページパーツをピックアップしていき、発注段階から完成イメージを持つことができます。

また、選んだパーツを組み合わせて制作を開始する段階では、フルオーダーと同様の入念な事前ヒアリングを行っています。
パーツのピックアップと入念な事前ヒアリング…「Pickweb」はそんなセミオーダー型のホームページ制作を無料でオーダーできる新しい制作サービスとして誕生しました。

<ホームページ公開後の運用について>
「Pickweb」のランニング費用は、月額5,000円。
ホームページの開設・運用に必要なサーバーもPickwebが用意し、ドメイン取得も代行します。
また、ランニング費用には公開後の保守管理費用も含まれているため、お客様はセキュリティー対策などのメンテナンスに時間を取られることなく、コンテンツの充実など、本来取り組むべき運用業務に集中することができます。

<今後予定しているサービス展開について>
PickWebでは新しいパーツを続々とリリースしていきます。
制作完了後のホームページも、随時新しいパーツへ簡単に差し替えていくことができますので、時間の経過とともに古い印象になり訴求力が低下してしまうような、既存のホームページ制作サービスにありがちなデメリットがありません。
常にトレンドに沿ったデザインへのプチリニューアルが可能で、連携する外部サービスも、随時旬なサービスを取り入れていくことができますので、恒久的に高い訴求力を持つホームページを運用することができます。

<サービス概要>
サービス名:無料ホームページ制作サービス「Pickweb(ピックウェブ)」
プラットフォーム:ワードプレス
デザインタイプ:スマホ、タブレットにも対応するレスポンシブデザイン
提供開始日:2020年4月2日
料金:制作費無料、保守管理費無料、システム利用料月額5,000円
URL:https://pick-web.jp/

<当プレスリリースの問い合わせ先>
RaiseAct(レイズアクト) 担当:大見(おおみ)
TEL:090-5313-8511
MAIL:pickweb@raise-act.jp
コンタクトフォーム:https://pick-web.jp/contact/

<会社概要>
屋号:RaiseAct
代表者:大見 玲依
創業:2018年5月
所在地:千葉県鎌ヶ谷市くぬぎ山5-10-15 3F
コーポレートサイト:https://raise-act.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212935&id=bodyimage2



配信元企業:RaiseAct
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ



徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。