配信元:@Press

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田宏)は、『情報吸収力を高めるキーワード読書術』(著者:村上悠子)を2020年4月8日に刊行しました。
本書では、14年で20万記事、3,500冊以上を読破した超一流「情報クリッピングマスター」が伝授する「質の高い読書」を実現する方法を完全公開しています。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/209806/LL_img_209806_1.jpg
『情報吸収力を高めるキーワード読書術』

「本を読んでも、まったく内容を覚えていない」
「家の本棚にある本を見ても、どんなことが書いてあったのか思い出せない」
「読んでいる途中で、以前にも読んだことがある本だと気づいた」
「『最近読んだ本』や『オススメの本』を聞かれても、何も思い浮かばない」

このように、なぜ、同じ本を読んでも、欲しい情報を吸収できる人と、できない人がいるのでしょうか?
その差は、「理解力が足りないから」「記憶力が悪いから」ではありません。
本を読んでも、欲しい情報がとれない原因――。
それは、ズバリ、「読む前にキーワードを設定していないから」です。
私たちは普段何か調べたいことがあるときは、ネットの検索エンジンの検索ボックスに「キーワード」を入力して、欲しい情報を手に入れます。
「情報をとること」と「キーワードを入力すること」は常にセットなのです。それは、読書も同じです。
本を読む前に「キーワード」を設定して、それを「検索するような感覚」で本文を読めば、欲しい情報がとれるのです。

では、欲しい情報をとるために、どのようにキーワードを設定し、どのように読めばいいのか?
そのノウハウを体系化した究極メソッド「キーワード読書術」の重要エッセンスをまとめたのが本書です。
「キーワード読書術」の主なメリットは、次の4つです。

【1】欲しい情報を着実に吸収できる
【2】省エネができる(速く読めるようになる)
【3】自分に合った本を選べるようになる
【4】期待外れの本からも、役立つ情報を吸収できる

14年で20万記事、3,500冊以上を読破した超一流の「情報クリッピングマスター」が、【必要な情報を吸収し、自分を成長させる】新しい読書術を大公開します。
質の高い読書は、「キーワード設定」で決まります。
ビジネスパーソンからOL、主婦、学生まで、本を読むすべての人が「質の高い読書」を実現できるノウハウ満載の1冊です。


■著者プロフィール
村上悠子(むらかみ・ゆうこ)
情報クリッピングマスター。
京都市生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。2005年から現在まで、クリッピング業務(=新聞・雑誌から必要な記事を見つけて切り抜くこと)に従事。「文章を読むプロ」として14年間、毎日朝から晩まで「アンテナを立てて、情報を漏らさず、大量の活字を読みまくる生活」を送り、クライアントに20万点以上の記事を提供してきた実績を持つ。プライベートでも近所の図書館を10カ所はしごするほどの“無類の本好き”で、これまでに3,500冊を読破。読んできた文字数の合計は、公私を合わせると「30億字」を超えている。これまでの経験・知識・知恵から導き出したノウハウを「キーワード読書術」として完全体系化。本書が初の著書となる。

◎著者Instagram:「名もなき読書家」(@no_name_booklover)


■書籍概要
書名 : 『情報吸収力を高めるキーワード読書術』
著者 : 村上悠子
ページ数: 240ページ
価格 : 本体1,500円+税
出版社 : フォレスト出版株式会社
ISBN : 978-4-86680-080-6
発売日 : 2020年4月8日
URL : https://www.forestpub.co.jp/author/murakami_yuko/book/B-1938


■会社概要
商号 : フォレスト出版株式会社
所在地 : 〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-18 白宝ビル5F
設立年月日: 1996年4月1日
代表取締役: 太田宏
業務内容 : 出版物の企画・制作及び販売
URL : http://www.forestpub.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。