配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202004098920-O1-H4XYLr6n

 
AsiaNet 83620(0558)

【台北2020年4月9日PR Newswire=共同通信JBN】
Innodisk(イノディスク)は、要求の厳しい産業用アプリケーションに対応するフラッシュストレージデバイスに真のNVM Express性能を初めてもたらす

産業用アプリケーションはあまりにも長い間、NVMeの採用で後れを取ってきた。産業用アプリケーションにおける高性能フラッシュストレージデバイスへの需要はこれまでになく大きくなっているが、NVMeデバイスはそのようなアプリケーションで満足のいく性能と耐久性を達成することに失敗してきた。

Innodiskの先駆的な産業用NVMe製品ラインアップにより、真のNVMe性能は厳しい産業用途に最適化された製品で、ついに利用可能である。

▽妥協のない産業用性能
産業用アプリケーションはしばらくの間、NVMeフラッシュストレージデバイスを使用してきたが、性能は依然、期待を裏切っている。NVMeが約束する超高速書き込み速度はショートスパートでは可能であるが、平均書き込み速度は遅いままである。

Innodiskの産業用グレードのNVMeフラッシュストレージデバイスは双対性能モードを提供しており、他のデバイスがどちらか一方しか配信できない場合に、最高性能と安定性能を実現する。これは、Innodiskの先進ファームウエア技術によって可能となり、産業用アプリケーションに高速書き込み性能の新時代をもたらす。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200409/2772108-1

例えば、Innodiskの3TE6 NVMe 1 TB M.2 SSDと他のメーカーの類似の産業用1 TB NVMe SSDとの間の書き込み速度テストでは、Innodiskの3TE6は書き込み速度の最小限の変動で平均1 GB/sの書き込み速度を維持した。一方、他のメーカーのデバイスは2つの大幅な性能低下を被り、より大きな書き込み速度の変化を経験し、平均380 MB/sの書き込み速度を達成しただけだった。

InnodiskのNVMeフラッシュストレージデバイスの優れた双対性能は、幅広い温度環境にも及び、極端な温度においても高度の安定性能を保証している。

▽全ての産業用アプリケーション向けのデバイス
InnodiskのNVMe製品はM.2 2242 & 2280、CFexpress、NanoSSDのフォームファクターで利用でき、PCIe Gen. 3および次期Gen. 4インターフェースを備えている。InnodiskのNVMe製品は、最大2 TBの容量、業界をリードするセキュリティー機能、幅広い温度に対応する設計、安定した長期供給と相まって、産業用途に最適であり、現在、購入可能である。

▽Innodiskについて
Innodisk(イノディスク)は、産業および企業アプリケーション向けのフラッシュメモリー、DRAMモジュール、組み込み式ペリフェラル製品のサービス重視のプロバイダーである。さまざまな要求の厳しい業界の顧客に満足されている同社は、優れた製品とサービスへのコミットメントによって自らを際立たせている。

Innodiskに関する詳しい情報はhttps://www.innodisk.com/ を参照。

Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200313/2748001-1LOGO

ソース:Innodisk Corporation

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=361632
写真説明:独創的デバイスによる室温テストで、別のメーカーの産業用DRAMless Gen. 3 x4 NVMeストレージデバイス(左)と比較されるInnodiskの高度・安定NVMe性能(右)

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。