配信元:DreamNews

スターティアホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表:本郷秀之、コード:3393)は、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA」を提供する、子会社スターティアレイズ株式会社(本社:東京都新宿区、代表:古川征且)が、ファイル暗号化サービスを提供する株式会社DataClasys(本社:東京都千代田区、代表:曽我祐二郎、以下DataClasys社)と製品の販売に関する契約を締結し、業務提携したことを本日発表いたします。個人情報保護法の制度改正大綱ではデータ暗号化やデータ利便性についての記載が増え、市場でのニーズが高まっていることを受け、暗号化・DRMで高い実績を持つDataClasys社との提携に至りました。

DataClasys社は今回の業務提携により、自社開発の暗号化・DRM製品「DataClasys(以下データクレシス)」と「セキュアSAMBA」を連携させ、テレワーク(モバイルワークや在宅勤務)におけるファイル共有の情報漏洩対策として、販売する事が可能となります。提供開始時の連携では「データクレシス」はオンプレミス提供となりますが、将来的に「セキュアSAMBA」と連携した「データクレシス」をクラウド環境にて提供が可能です。また、スターティアレイズとしては、通信時の暗号化だけではなく、「セキュアSAMBA」に保管されているファイルそのものも暗号化されることとなり、ファイルの常時暗号化やヒューマンエラーによる情報漏洩を気にする企業に向けての提案が可能となります。(※サービスの利用には別途お申込が必要。)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000213139&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000213139&id=bodyimage2

■株式会社DataClasysについて
コーポレートサイト https://www.dataclasys.co.jp/
プロダクトサイト https://www.dataclasys.com/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000213139&id=bodyimage3

株式会社DataClasysは自社開発の暗号化・DRM製品「DataClasys(データクレシス)」を提供しており、中央省庁、地方自治体、金融機関、製造業などの幅広い分野で採用されています。標的型攻撃などの外部からの攻撃・侵入、内部からの誤操作、持ち出し、外部パートナーの不正使用などから個人情報、技術情報、経営上の機密情報などの漏えいを防止します。また、Office文書だけでなく、画像や動画、3次元CADファイルまで、最も多くのアプリケーションでの動作実績を誇る製品です。また、個人情報探索、全文検索、技術文書管理システムなど多くのファイル関連アプリケーションと連携します。

■セキュアSAMBAとは
https://securesamba.com/product/
中小企業に一番選ばれている法人向けのオンラインストレージです。インターネットがあれば、外付けハードディスクのような感覚でいつでも、どこでも、簡単に、安全にファイル共有が行えます。また、様々なデバイスからがアクセス可能で、アクセス経路は全て暗号化されています。使いやすくセキュリティに優れているオンラインストレージがセキュアSAMBAです。

■会社概要
スターティアレイズは国内労働力減少を社会課題と捉え、「働き方改革」として労働生産性の向上やダイバーシティの対応として、クラウドストレージサービス「セキュアSAMBA(サンバ)」及びRPA関連事業を中心に展開しております。新たに取り組む領域では、PC作業の自動化支援をはじめ、人工知能を使ったファイル自動識別での検索サポートなど、労働者の作業効率を向上させるサービスを他事業者とのアライアンスを駆使して、新しい価値のITツールを市場に先駆けて展開して参ります。

・設立年月: 2017年11月
・資本金: 90百万円
・代表者: 古川征且
・所在地: 東京都新宿区西新宿2-3-1
・事業内容: クラウドストレージ・RPA関連事業
・ホームページ:https://www.startiaraise.co.jp/

■製品・サービスに関するお問い合わせ先
スターティアレイズ株式会社 クラウドストレージ部
TEL:03-6316-1488 MAIL:contact@startiaraise.co.jp

■報道関係のお問い合わせ先
下記よりお問い合わせください。



配信元企業:スターティアホールディングス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ




徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。