配信元:@Press

東京都葛飾区亀有でヘアサロン、アイラッシュ、ロールアイス専門店、カフェBAR等の複合型店舗を運営する「Hair Lounge LIEN」(代表:吉田 佑輔)は、2019年の春夏限定で販売し、大好評をいただいた「ヴァージン・モヒート」を、本年も4月16日より販売開始いたします。

Hair Lounge LIEN: http://www.hairlounge-lien.com/


◆低カロリーでビタミン豊富!Hair Lounge LIENの「ヴァージン・モヒート」とは?
「ヴァージン・モヒート」とは、ノンアルコールのモヒート(ミントの生葉を使ったカクテル)のこと。モヒートは通常ラムベースのカクテルで、ミントの爽やかな味わいが人気の春夏の定番カクテルですが、お酒が飲めない時やお酒の苦手な方でも、同じ味わいをお楽しみいただけるのが、「ヴァージン・モヒート」です。

Hair Lounge LIENでは、モヒートの本場キューバでも主流となっている「イエルバブエナ」という自家栽培無農薬ミントの生葉のみを使用し、フレッシュフルーツとマッシュ。フレッシュミントとフルーツの生素材の味を活かしてモヒートをつくり、ご提供しています。人口甘味料不使用で1杯たったの35kcalと、非常に低カロリーになっています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/210118/LL_img_210118_1.jpg
モヒートの本場キューバで主流となる【イエルバブエナミント】

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/210118/LL_img_210118_2.jpg
ミントやライム、その他様々な生フルーツをマッシュ


◆フレッシュミントの「殺菌作用」で、流行のウィルス感染症などの風邪やインフルエンザ予防も!
「ヴァージン・モヒート」に使用するフレッシュミントには、【殺菌作用、鎮静作用、疲労回復、抗アレルギー作用、抗炎症作用、解熱作用、利尿作用、整腸作用など】、身体をデトックスさせてくれる嬉しい効果が盛り沢山!美容ドリンクとしてもオススメです。また、ミントには抗ウイルス物質が含まれているとされ、ウイルス性感染症予防、季節の変わり目での風邪や、インフルエンザ予防、この季節、花粉症予防にも効果があるとされています。


◆商品詳細
商品名 :ヴァージン・モヒート
フレーバー :4種類
(パッションフルーツ・ミックスベリー・キウイ・クリアモヒート)
原材料名 :ミント・果実
価格 :530円(税込)
内容量 :480ml
製造・販売元:LIEN
提供数 :1日限定50食
発売日 :2020年4月16日


《Hair Lounge LIEN》
https://www.google.com/search?q=%E4%BA%80%E6%9C%89%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3
2010年、東京・葛飾区亀有にヘアサロンとして開業。ヘアサロンを継続しながら、業態を拡張し、アイラッシュ(まつげエクステ)、カフェBAR、ロールアイス専門店などを店舗内に併設。特にロールアイス専門店は「KAMEARI ROLL ICE CREAM LIEN」( https://www.instagram.com/kameari_roll/ )として、若年層を中心に人気を集めている。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/210118/LL_img_210118_3.jpg
亀有Hair Lounge LIEN 外観

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/210118/LL_img_210118_4.jpg
店内はヘア、アイラッシュサロンだけでなくロールアイスやカフェBARなども併設されています。

店舗名 :Hair Lounge LIEN
所在地 :東京都葛飾区亀有3-10-19 サンシティ亀有1F
営業時間:水曜-土曜 10:00~23:00
日曜・月曜日・祝日 11:00~22:00
定休日 :年末年始を除き無休
TEL :03-6662-7137


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。