配信元:共同通信PRワイヤー

ナレッジ共有を加速し 組織と従業員の能力向上に寄与

2020年5月25日
プロパティデータバンク株式会社

 プロパティデータバンク株式会社(本社:東京都港区、取締役社長:板谷敏正、証券コード:4389)は、2020年5月25日より新規クラウドサービス「@ナレッジ」(アットナレッジ)のサービス提供を開始いたしましたのでお知らせいたします。

当社は、創業時より不動産業務における様々な課題を、IT技術を用いて効率的・効果的に解決する「不動産テック企業」として、事業を推進しております。
また、当社は創業以来国内でのクラウドサービス提供の先駆者として、「@プロパティ」を提供してまいりました。
今般、これまで培ってきたノウハウを活かし、新たにクラウドサービスとして、「@ナレッジ」(以下、本サービス)の提供を開始いたしました 。
http://www.propertydbk.com/atknowledge/index.html

@ナレッジとは
本サービスは、ファイルサーバーとナレッジマネジメント ※ を統合してクラウドで提供する 全く新しいサービスです。 社内に散在するさまざまなドキュメントを単一のプラットフォームに保管した上で付加価値の高いファイルを可視化し、ナレッジの蓄積と共有を促進し、従業員の能力向上や組織の高度な情報活用を実現します。

ナレッジマネジメント
組織内の知識を管理する仕組み。膨大な情報の中から有益なものを整理して利用者に提供する。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005220163-O1-trIf9U56
 クラウドサービスのため、テレワーク・在宅勤務といった働き方に極めて親和性が高く、システム運用の負担からも解放されます。

 
@ナレッジの特徴
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005220163-O3-50fjL7YO

 

@ナレッジの機能
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005220163-O2-2hv00Yr6

 
本サービスは「@プロパティ」をご利用いただいている顧客のみならず、さまざまな業種や規模の事業者にご利用いただけるサービスとなっております。

以上

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。