配信元:共同通信PRワイヤー

2019年会計年の日本医療用医薬品市場は、 前年比で2年ぶりのプラス成長、5年連続の10兆円超へ

2020年5月26日
IQVIAジャパン グループ

 
● 2019年会計年(19年4月-20年3月): 10兆6,294億円(前年比2.9%増)
● 2020年第1四半期 (20年1月-3月):  2兆4,915億円(前年比0.2%増)

 - 2019年会計年では薬価ベースで10兆6,294億18百万円(前年比2.9%増)、5年連続で10兆円を超えた
 - 2019年会計年の市場別では「病院」(5.4%増)「開業医」(0.5%増)「薬局その他」(1.2%増)で、3市場ともすべて前年度を上回るのは2年ぶり
  - 2020年第1四半期では薬価ベースで2兆4,915億11百万円(前年比0.2%増)
  - 四半期毎の推移では、2019年第2四半期から4四半期連続のプラス成長

IQVIAジャパン グループ(本社:東京都港区、会長:湊方彦)は、2019年会計年(19年4月-20年3月)と、2020年第1四半期(20年1月-3月)の日本医療用医薬品市場(薬価ベース)を、「IQVIAジャパン トップライン市場データ」として2020年5月26日に発表しました。
 IQVIAジャパン グループでは、日本のヘルスケア産業の発展と透明性の創造、および社会の皆様に日本のヘルスケア市場についての理解を深めていただくため、市場規模や薬効、製薬企業および医薬品の売上、処方、疾病に関するトップラインデータをメディアや医療・医学の研究に携わっている学術研究機関に提供しています。当社はトップラインデータを開示により皆様と情報の共有化を図ることで、日本のヘルスケアの発展への貢献を目指しています。

 
【2019年会計年(19年4月-20年3月)】日本医療用医薬品市場トピックは以下の通りです。

● 当該期間の日本医療用医薬品市場は、薬価ベースで前年を率で2.9%、額で3,000億円余上回る10兆6,294億18百万円。5年連続で10兆円超に
● 病院市場(病床100床以上)は、4兆7,925億42百万円(前年比5.4%増)。開業医市場(病床100床未満):2兆1,117億13百万円(同0.5%増)。薬局その他市場(主に調剤薬局):3兆7,251億63百万円(同1.2%増)。3市場ともすべて前年度を上回るのは2年ぶり
● 2017年度に1兆円を突破した「L01抗腫瘍剤」(16.7%増)は、売上げ規模の上位10薬効内で唯一最高の二桁伸び率で、2012年度から8年連続で年間トップ。免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダが、「L01抗腫瘍剤」薬効内と共に同期の売上上位10製品でもトップに
● 売上げ規模の上位10薬効中マイナス成長は、「C09レニンーアンジオテンシン系作用薬」「C10脂質調整剤及び動脈硬化用剤」の2薬効。C09は6年連続、C10は4年連続でマイナス
● 売上げ規模の上位10製品では、トップに立ったキイトルーダをはじめ、抗腫瘍薬の4製品が占める。キイトルーダが前年6位からトップ。2位のアバスチン、4位のオプジーボ、8位には新たにタグリッソがランクイン。売上額1,000億円超の製品は、キイトルーダ、アバスチン、リリカの3製品

【2020年第1四半期(1月-3月)】日本医療用医薬品市場トピックは以下の通りです。

● 当該期間の日本医療用医薬品市場は、薬価ベースで前年比0.2%増の2兆4,915億11百万円。2019年第2四半期から4四半期連続のプラス成長
● 市場区分では、病院市場(病床100床以上)が、1兆1,123億16百万円(前年比4.3%増)で、2015年第2四半期からの1兆円超が続き、2018年第4四半期から6四半期連続のプラス成長。開業医市場(病床100床未満)は4,833億88百万円(同5.1%減)、薬局その他市場は8,958億6百万円(同1.7%減)で、両市場とも2019年第4四半期に続くマイナス成長
● 売上規模による上位10薬効のうち、トップ「L01 抗腫瘍剤」、2位「A10 糖尿病治療剤」は、変わらなかったが、「L04免疫抑制剤」が2つ順位を上げて3位に
● 売上げ規模の上位10薬効で1,000億円超は、「L01」「A10」「L04免疫抑制剤」 「B01抗血栓症薬」など4薬効、前年の「L01」「A10」に2薬効増えた。「L01」は、2018年第4四半期以降、6四半期連続の3,000億円超
● 売上げ規模の上位10製品では、前年2位の免疫チェックポイント阻害薬キイトルーダがトップ。前年から3位に順位を上げた同じ作用機序のオプジーボ、2位のアバスチンと1位から3位までをがん治療薬が占めた

 

 
* IQVIAジャパン 「日本医薬品市場統計」における「薬効」はATC分類に準拠しています。

本項の 「ATC 分類(Anatomical Therapeutic Chemical Classification)は、EphMRA(European Pharmaceutical Market Research Association : 欧州医薬品市場調査協会)により管理されている、アナトミカル薬効分類(作用部位別薬効分類)に準じており、日本医薬品市場統計作成にあたっては、定期的に最新最適な状態に見直しを図っています。

**IQVIAジャパン 「日本医薬品市場統計」における「販売会社レベル」と「販促会社レベル」の定義は以下の通りです。
·        販売会社レベル:卸店に対して製品を販売し、その代金を回収する機能を持つ製薬企業
·        販促会社レベル:MRによる情報提供活動を通じて販促活動を行なっている製薬企業

 
IQVIA について
IQVIA (NYSE:IQV)は、先進的かつ高度な分析力と機能、革新的テクノロジー、および臨床試験サービスをライフサイエンス業界の皆さまへ提供する世界的なリーディング企業です。IMS HealthとQuintilesの統合により誕生したIQVIA は、ヒューマン・データ・サイエンス(分析の精緻さとデータサイエンスの明晰さを、拡大し続けるヒューマンサイエンスの領域に対し活用すること)を用いることにより、ヘルスケア企業の皆さまが臨床開発とコマーシャル領域におけるこれまで無いアプローチを、新たなイマジネーションの下で発展させ、イノベーションを速め、ヘルスケア・アウトカムの改善をより一層加速させることを支援します。私たちの原動力である「IQVIA CORE™」によって、IQVIAは実務実行力を伴いながら、大規模な分析、革新的なテクノロジー、そしてスペシャリストによる幅広い専門知識、これらが交差する地点に、実用的且つ唯一無二のインサイトを提供しています。私たちIQVIAは、現在6万7,000人が、世界100以上の国と地域で活動しています。
IQVIA は、患者の皆さまの個人情報保護の分野においても、世界をリードしています。医療関係者の皆さまが、疾患のパターンを特定し、より良いアウトカムの実現のために必要である明確な治療方針や治療法の関連づけに資する規模での情報を収集・分析すると同時に、様々なプライバシー保護のための技術や安全対策に取り組んでおります。IQVIAが持つインサイトや実務の実行力は、治療・治癒の実現に向かい尽力するバイオテクノロジー企業、医療機器メーカー、製薬企業、医学研究機関、政府機関、保険者やその他様々な医療関係者の皆さまによる疾患そのものや人間の行動、サイエンスの進歩に対する更なる理解の深耕を支援します。IQVIAの詳しい情報はこちら(www.IQVIA.com)をご覧ください。日本向けのURLはこちら(www.iqvia.co.jp

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。