配信元:@Press


画像 : https://newscast.jp/attachments/XwrTToXRDdSudDsTfira.jpg


■視聴者参加型のオンラインライブセミナーを開催します。
今回のセミナーでは、公演中に視聴者の方から集めた質問に、
小山がお答えする時間を設けました。
従来の会場で行うセミナーでは、講義中にお客様が発言することは出来ませんでした。
しかし、オンラインライブセミナーに切り替わったことで
講義を見ながらリアルタイムで気になったこと、今だから聞きたい、
これまでなかなか聞くことが出来なかった疑問点を質問することが可能となりました。
パソコンやスマートフォンから書き込むことが出来るので、気軽にご質問いただけます。
■無料オンラインライブセミナーで環境整備の仕組みを公開します!
環境整備とは、仕事がやりやすい環境を整えて備えることであり、
武蔵野では毎朝30分環境整備と称して掃除を行っています。
ただの掃除とは違い、終業時間内で決められた時間に決められた場所を行います。
・儲かる会社が「整理整頓」に精を出す理由
・「ムリ・ムダ・ムラ」に気付くには?
・徹底する習慣を身に着ける「ルールブック」の存在
以上をテーマに『なぜ掃除が最高の社員教育なのか』について
「基本編」「応用編」の2回に分けて配信します。
6月開催は基本編として、環境整備の基本と物的環境整備
7月開催は応用編として、考え方の整頓、情報の環境整備、経営計画書と環境整備
に焦点を当て、2時間たっぷりと公開します!
また、今回は初めて小山が講義中に皆様のご質問に直接回答します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/YJXKXz8rCq0aMThh1r6n.jpg


【セミナー詳細】
配 信 ⽇: 2020年6⽉9⽇(⽕) 基本編
      2020年7⽉3⽇(⾦) 応⽤編
     ※どちらかのみの受講も可能です。
時   間 :14:30-16:40
講   師 :株式会社武蔵野 代表取締役社⻑ ⼩⼭ 昇
ゲスト講師:【6月開催】株式会社小田島組 代表取締役社長 小田島直樹氏
      【7月開催】株式会社コプロス 代表取締役社長 宮﨑薫氏
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
各種メディアの取材を随時、お受けしております。
ご希望の方は、下記お問い合わせ先にご連絡ください。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【お問い合わせ先】
企業名:株式会社武蔵野
担当者名:保科 ひかり
TEL:042-380-6340
E-mail:market@musashino.jp
■小山昇プロフィール
株式会社武蔵野 代表取締役社長。1948年、山梨県生まれ。東京経済大学卒業後、
日本サービスマーチャンダイザー株式会社(現在の株式会社武蔵野)に入社。
1977年に株式会社ベリーを設立し社長に就任、1989年に現職に就任。
1990年、株式会社ダスキンの顧問に就任。1992年顧問を退任、現在に至る。
日本で初めて「日本経営品質賞」を2度受賞。
その経験をもとに、現在コンサルティング会員730社以上の指導を行い、『実践経営塾』『実践幹部塾』など全国で年間240回以上のセミナーを行なっている。
▼小山昇書籍・情報ポータルサイト:http://koyama-book.jp/
【主な著書】
『できるリーダーは失敗が9割』(マガジンハウス)
『小さな会社の儲かる整頓』(日経BP)
『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』(ダイヤモンド)
『朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!」(ダイヤモンド)
【株式会社武蔵野】
本社:〒184-0011 東京都小金井市東町4-33-8
代表者:小山昇
設立:1964年
電話番号:042-383-6340
URL:http://www.musashino.co.jp
事業内容:
経営コンサルティング
 ・経営サポート事業
 ・コンサルティング事業
 ・M&Aビジネスマッチング事業
 ・採用コンサルティング事業
 ・社長のサポート事業
 ・マーケティング事業
地域支援事業
 ・クリーンサービス事業
 ・ケアサービス事業
 ・ライフケア事業
 ・クリーンリフレ事業




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。