配信元:共同通信PRワイヤー

 
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202005260232-O1-WCIjDQv5

 
AsiaNet 84140 (0824)

【北京2020年5月25日PR Newswire=共同通信JBN】Youth With Youは公式にCollaborative Performanceを放映した。素晴らしい新ヒット曲を届けるため、トップの出場者はYouth Producers代表のクン、同番組のMentor Squad、そしてIDOL PRODUCERの勝者と組み、世界中の視聴者の強い興味を引いた。

番組のダンスメンターとして、BLACKPINKのリサはデビューしようと競うスターの卵とのCollaborative Performanceに蔡依林と安室奈美恵による「I'm Not Yours」を選曲した。かつてアジアを魅了したこのガールパワーを体現する傑作のため、リサは優美な黒いチュチュを身に着け、カールした長い髪がチュールと相まって神秘的な魅力を放った。感情を揺さぶる「I am my own girl(私は私だけのもの)」という態度を発する動画は熱狂的なファンによって「YouTube Overloader(YouTubeに過負荷をかけるもの)」と呼ばれ、圧倒的なステータスを獲得した。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20200525/2812406-1

研修生も広い支持を勝ち取った。シン・リウはロングヘアルックに挑戦し、女性らしい魅力を通して舞台上での力強い存在感が現れた。観衆に愛されるエスター・ユーはついに憧れの人とダンスするという夢を叶え、対等な存在となるまで上達した。リサは彼女のチームが準備するのを手助けするため親切に空気清浄機とネックピローを贈った。

クンは待望のCollab Stageに全く新しいオリジナル曲「Lover」を発表することに決めた。舞台上で水が流れる独自のデザインは、新鮮で人目を引く。多くの人々はこの舞台用の作品がすでにプロのミュージックビデオの質に匹敵すると称賛した。

ボーカルメンターのエラは「Good Night Song」を「YES! OK!」とリミックスし、温かい涙を誘う作品でチームのボーカルの才能を正当に示した。

ラップメンターのジョニー・JとXメンターのSilenceは、参加女性らが与える新たなエネルギーを注入して自分たちの特徴的な作品である「No Need to Guess」と「Never Give Up」を発表した。出場者のShakingは「Never Give Up」にオリジナルのラップ歌詞を加えてソーシャルメディア上に自分の感情を響き渡らせた。

驚くことに、NINEPERCENTの元メンバーであるTHEO、BOOGIE、LilGhostもスター勢ぞろいのCollab Stageラインアップに参加した。バンド解散以降初の再会のため、IDOL PRODUCERのフィナーレ曲「It's OK」を新しい演奏で披露、最大限に懐かしさをかき立てた。

Youth With You Collaborative Performanceに幕が下りた。次に世界はトップ研修生のまばゆいデビューを目撃するだろう。5月30日の夜に放送されるフィナーレでは、9人中どの出場者が新しいガールズグループに選出されるのか? デビューパフォーマンスに全ての注目が集まる。乞うご期待!

ソース:Youth With You Project team

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=364130
写真説明:Youth With YouにおけるリサのCollaborative Performance

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。