配信元:@Press


SBIいきいき少短のウェブサイトで、老後や年金での暮らしを“いきいき”と豊かに、楽しく過ごしていくための様々な生活の知恵をお知らせしているコラム「いきいき生活の知恵」。


第5回のテーマは、畠中雅子FPが考案された「貯金簿」についてです。この貯金簿を定期的につけることで、“老後資金の備え”に役立てることができます。
貯金簿とはどのようなものか、家計簿とどう違うのか、畠中FPご本人に、その活用方法と効果について詳しく教えていただいたコラムを公開しました。


「貯金簿」って、どんなもの?


貯金簿は、私(畠中FP)が20年以上書き留めてきたノートを基にしたものです。具体的には、一定期間ごとに貯蓄残高の動きを記録し、その期間に「実際にはどのくらいのお金の動きがあったのか」を把握するために記帳してきました。


貯金簿をつけるメリットは、年に数回だけの記帳で、1年間の貯蓄額がほぼ正確につかめることです。


 たとえば家計簿を毎日つけて、日々の支出をもらさず記帳し、さらに特別支出の管理までしていても、「1年間に本当はいくら貯まったのか」をつかむことはできません。銀行口座や証券口座に振り込まれた利息や配当金まで、家計簿だけで管理するのは不可能だからです。また、口座引き落とし分の記帳もれもよく起こります。


コラムの続きは


「貯金簿」は、家計簿とどこが違うの、「貯金簿」をつけて、年金生活を守ろう!など


貯金簿の詳細などを知りたい方はこちら : https://www.i-sedai.com/contents/wisdom/005.html




画像 : https://newscast.jp/attachments/Qii5PBFEf2gYq07fUhRE.jpg
ファイナンシャルプランナー 畠中 雅子さん


コラムを執筆した方


ファイナンシャルプランナー 畠中 雅子さん
新聞・雑誌・ウェブなどに多数の連載を持つほか、セミナー講師、 講演、相談業務などをおこなう。


畠中FPの過去の掲載コラムはこちら : https://www.i-sedai.com/contents/




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

徳島新聞WEBの「ニュースリリース(メディア向け発表資料)」は、リリース配信会社が発行する企業や団体が提供する情報を受け、加工せずに掲載しています。このサイトに掲載しているニュースリリースに掲載されている製品、サービスの品質・内容については、徳島新聞社は保証致しません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。リリースに掲載されている製品に関するお問い合わせは、各企業・団体にご連絡ください。 徳島新聞WEB上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。